ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

ロープワークを身につけよう

いざという時、もし万が一の時の為にあなたもロープワークを身に付けてみませんか。以下に基本的な結索(ロープとロープを結ぶこと)の方法を紹介します。

結索の区分

  • 結索:ロープに節を作る。
    止め結び、半結び、蝶結び等
  • 結着:ロープの一端を他の物にしばりつける。
    巻結び、もやい結び、二回り二結び等
  • 接合:ロープの両端又は2本のロープを結び合わす。
    本結び、応急シーツ、毛布の結び方等
  • 特殊結び:各種応用の結び方。
    輸送結び、節結び等

実際の結索の紹介

とめ結び・ひと結び

【とめ結び】ロープの端から撚りが戻るのを一時的に防いだり、ロープに節を作る必要のある時に使います。
とめ結び

【ひと結び】とめ結びの簡易な方法として用いる(節結びは、ひと結びの用途とは異なるがこれの連結したものです)
ひと結び

8の字結び

樹木や、フック等に引っかけて引き締める場合などに用います。
8の字結び

本結び

本結びは、結合の最も基本的なものであり、同じ太さのロープを結び合わすのに適しているが、太さ又は材質の違うものを結び合わすときは、ずれが生じ解ける恐れがあります。
本結び

【注意】結び方を誤るとたて結びになります。たて結びは実用的ではない危険な結び方です。
結び方悪い例

(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

消防本部
TEL:026-245-0119
FAX:026-248-4460
所在地:長野県須坂市大字小山1306番地