ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

あなたにも出来る応急手当! ~心肺蘇生~

須坂市消防本部

☆★☆ 救急車が来るまでの、「空白の時間」を埋めるのは、その場にいるあなた自身なのです! ★☆★

1.反応の確認

反応(意識)があれば「どうしたのか」等、状態を尋ねます。倒れている人の肩口に座り、両肩を軽く叩きながら大声で呼びかけます。 
何らかの応答や目的のある仕草がなければ “反応無し” と判断します。
反応を確認

2.助けを求める

「誰か来て! 人が倒れています!」
反応がなければその場で大声で叫んで助けを求めます。

  • 誰かが来た場合
    その人に119番通報とAEDの手配(近くにある場合)を依頼します。
  • あなた一人だけの場合
    ここであなたが119番通報を行いAED(近くにあれば)を取りに行きます。
助けを求めるイラスト

3.呼吸の確認

胸とお腹の動きを見て「普段どおりの呼吸」をしているか10秒以内で確認します。

4.胸骨圧迫  …酸素の含まれた血液を循環させる。

胸の真ん中に一方の掌の付根を置き、その上に他の手を そえて胸骨が少なくとも5センチメートル沈むまでしっかり圧迫し ます。(圧迫の速さは少なくとも約100回/分
回数は30回を目安)小児は、約1/3沈むまで圧迫する。乳児は、指2本で約1/3沈むまで圧迫する。
胸骨圧迫の位置イラスト胸骨圧迫する手のイラスト

5.気道の確保 …空気の通り道を開通させます。

頭側の手は額に当てたまま、もう片方の手の人差指と中指の2本をあご先に当て、あごを引き上げながら頭を後ろに反らせて、気道を確保します。1歳未満の乳児では過度な後屈に注意します。
気道確保のイラスト

6.人工呼吸 …口対口人工呼吸により、肺に空気を送り込みます。

胸骨圧迫30回後、人工呼吸を開始します。 気道確保のまま、額に当てた手の親指と人差指で相手の鼻をつまみます。 口を大きく開けて相手の口を覆い、空気が漏れないようにし、約1秒かけて、 胸の上がりが見える程度の量を吹き込みます。いったん口を離し、同じよ うにもう一度吹き込みます。
この時、感染防止のために相手との口の間に感染防護具等を必ず入れてください。
(準備に時間が掛かる場合は胸骨圧迫を優先して実施します。)
また出血等がある場合など、人工呼吸がためらわれる時には省略してすぐに胸骨圧迫を実施します。
人工呼吸のイラスト

7.心肺蘇生 …胸骨圧迫30回と人工呼吸2回の組み合わせ。

30回の胸骨圧迫と、2回の人工呼吸を交互に繰り返します。
他の救助者と交代可能ならば約1~2分を目安に交代してください。
これを何らかの応答(声を出すなど)や目的のある仕草(嫌がるなどの体の動き)が現れる、または救急隊に引き継ぐまで継続して行います。
心肺蘇生のイラスト
 

<目的のある仕草・体動・呼吸がある場合(回復した場合)>
※ 回復体位(吐物による窒息やその場を離れる場合)

横向きにして、あごを前に出し、上方の手を曲げて手のひらを顔の下に入れます。さらに上側の膝を約90度曲げて、後ろに倒れないようにして、呼吸等を観察します。回復体位のイラスト

救命の連鎖

心停止の予防
早期知識と通報
一次救命処置
二次救命処置と心拍再開後の集中治療


AED(=自動体外式除細動器)とはAEDの使い方イラスト
ブルブルと不規則に震える心臓に、電気ショックを与えて震えをとるものです。
 

※AED(Automated External Defibrillatorの略)は、電源を入れると音声メッセージと点滅するランプであなたが実施すべきことを指示してくれます。落ち着いてそれに従ってください。
(未就学児おおむね6歳までは、小児用パッドを使用します。
無い場合は緊急避難的な処置として成人用パッドを代用します。
成人には小児用パットは使用できません。)

対象者=反応がなく「普段どおりの息」がなければ使用する


~救命処置の流れ~に関する説明はこちらをご覧ください。【PDF形式:125KB】

 

携帯電話、スマートフォンからアクセスする場合は下記のQRコードをご使用ください。
(携帯電話からのアクセスの場合、別途通信料がかかります。)

(心肺蘇生のページへリンクします。)

QRコード

(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

消防本部 消防署
TEL:026-245-0119 
FAX:026-248-4460
所在地:長野県須坂市大字小山1306番地