ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

平成22年度 須坂市行政評価 外部評価結果報告書

【目次】

1.外部評価の目的
2.外部評価の流れ
3.外部評価員名簿
4.今年度の会議開催経過
5.対象事務事業の選定
6.評価の方法
7.外部評価結果
8.外部評価結果の総括と、今後の課題について

1.外部評価の目的

須坂市では、前例踏襲になりがちな市役所業務をチェックするため、行政評価に取り組み、次年度予算などの参考にしています。
しかし、須坂市の行政評価のうち、事務事業評価は担当課が自ら評価しているため、評価結果に対する反応を気にして、無難な評価や、容易な目標設定になる恐れがあります。評価が自分の首を絞めるのではないかという、不安も拍車をかけます。
そこで、市民の視点で担当課の評価をチェック・再評価することで、評価の信ぴょう性を高め、各事業の見直しについて、担当課が改善に向けての取組みをすることを目的にして、外部評価を行っています。

2.外部評価の流れ

次の流れで外部評価を行いました。

6月上旬~7月中旬:担当課による事務事業評価の実施→総務課による記載内容のチェック→8月上旬:外部評価事業の選定→8月~9月:外部評価員による担当課ヒアリング→10月下旬:外部評価結果の決定→11月中旬:外部評価結果の公表

3.外部評価員名簿

  • 1年目 伊藤 真弓
  • 1年目 島田 勝明
  • 1年目 関 裕朗
  • 2年目 綱島 千秋
  • 2年目 中沢 岳彦
  • 2年目 中村 悦子
  • 2年目 羽生田 久良子
  • 1年目 樋口 実
  • 2年目 松沢 啓子
  • 1年目 吉澤 まゆみ

※アイウエオ順、敬称略

4.今年度の会議開催経過

回数

日時

内容

第1回会議 8月5日(木曜日)
18時30分~20時45分
「任務の説明」「評価シートの説明」
「ヒアリングする事業の選定」
第2回会議 8月27日(金曜日)
18時30分~21時
「担当課に対するヒアリングの実施」
第3回会議 9月27日(月曜日)
18時30分~21時20分
「担当課に対するヒアリングの実施」
第4回会議 10月21日(木曜日)
18時30分~21時
「選定した事業の評価」「総括」

5.対象事務事業の選定

平成21年度に実施した事業と平成22年度の事業について、市が事務事業評価(内部評価)を実施した334事務事業のうち、外部評価員によるチェックが必要と思われる事業を、次の視点から絞込み、対象事務事業を選定しました。

(1)業務の種類による絞込み

施設の管理業務などの「定型的業務」は、指定管理者制度の導入や民営化の検討を進めている事から、対象から除外しました。市が任意に実施している「プロジェクト事業」を外部評価の対象としました。

(2)担当課の評価内容による絞込み

前例踏襲や、安易な事業拡大がないかチェックするため、内部評価で、今後の方向性を「現状継続」又は「拡大継続」としているものを対象としました。

(3)外部評価事業を増やす

過去に外部評価をした事業は基本的に対象外としました。ただし、外部評価から年数が経過している事業で、関心が高いものについては、経過を確認するために対象としました。
また、事業仕分けの対象となっている事業は対象外としました。

(4)選定された事務事業

(1)~(3)の絞込みにより、次の13事務事業を選定しました。

  • 商業振興事業(商業観光課)
  • 新エネルギー導入事業(生活環境課)
  • 霊園造成事業(生活環境課)
  • 鳥獣被害防止対策事業(農林課)
  • 間伐対策事業(農林課)
  • 生活道路改良事業(道路河川課)
  • 生涯学習推進事業(生涯学習推進センター)
  • 企業誘致事業(工業課)
  • 感染症(新型インフルエンザ等)及び大規模災害時の医療体制整備(健康づくり課)
  • 市長への手紙・虹のテーブル事業(政策推進課)
  • 自立支援事業(H21まで高齢者地域支え合い事業)(高齢者福祉課)
  • 公共交通対策事業(市民課)
  • 幼稚園就園援助事業(子ども課)

6.評価の方法

外部評価は、事前に与えられた各事業の「評価シート」に記入されている情報と、「事業の実績及び計画」に書かれている情報で行いました。これらの資料から読み取れない部分は、質問状によるやり取りと、担当課ヒアリングにより、疑問点を解消しました。

7.外部評価結果

下記リンク先ファイル「外部評価結果のまとめ」をご覧ください。

8.外部評価結果の総括と、今後の課題について

(1)外部評価結果の総括

最初に、資料についてですが、昨年も指摘しましたが、訂正が多いことが気になりました。評価の内容に矛盾があるもの、表現がおかしいもの、数字が入力されていないものなどがあります。また、設定された目標に、疑問を感じる事業がありました。そのために、何を目指していているのかわからない事業もありました。
次に、担当課ヒアリングで気にかかった点です。事前質問の回答に関する説明は簡潔で良かったのですが、その場の質問に対する説明が長いと感じました。1事業20分という限られた時間の中ですので、説明は簡潔にお願いします。また、質問に対して的確な回答が得られない場面もありました。

(2)今後の課題について

【1】外部評価の対象事業について
今年で5年目を迎え、市が「現状継続」又は「拡大継続」と評価した事業から選ぶ方法では限界が見えてきました。対象事業の選定方法を見直した方が良いと思います。
また、総合計画の進行管理に活かせるような事業選定方法を検討してください。

【2】外部評価員の人選について
市報と市ホームページによる外部評価員の公募は、応募が無かったようですが、募集するだけではなく、無作為抽出した市民に直接参加を呼びかけるなど、工夫が必要だと思います。 
また、公平で広範な意見を求めるためにも、様々な職種や年代の方が、男女同数集えるような人選を引き続きお願いします。高校生など、未成年者にも参加していただきたいと思います。

【3】外部評価員会議について
平日夜間に開催していますが、今後も外部評価員の都合を確認しながら、出席しやすい開催方法に努めてください。
なお、1年目の評価員は、資料の読み方や、会議の進め方などで戸惑う点もあります。評価員同士の交流会を開催するなど、配慮が必要だと思います。

【4】担当課ヒアリングについて
短い時間を有効に使うために、事前質問制は継続してください。
なお、説明の中で、事業に関係する人の反応など、生の声を織り込んでいただけると現場の雰囲気が伝わります。また、数字などのデータで伝えることが難しい事業は、説明方法を工夫してください。例えば、地図や図面、写真などで示してもらえるとわかりやすくなります。

【5】評価シートについて
第五次総合計画にあわせて評価シートの見直しを検討しているようですが、分かりやすい評価シートにしてください。
なお、事業目的に合致しない目標が見受けられました。目標を設定する際は、十分に検討し、事業の成果を端的に示せるものにしてください。また、誤字脱字のチェックや表現方法の統一化、未入力欄のチェックなど、入力内容の確認は徹底してください。監査調書に添付するなど、さまざまに活用すれば緊張感を持って入力すると思います。

【6】外部評価の活用について
外部評価が形骸化しないか心配しています。外部評価結果には市民の率直な意見が含まれていますので、担当課は真剣に受け止め、尊重してほしいと思います。翌年度事業への反映状況や外部評価に対する担当課の考えは、これまで通り、一覧にして公表してください。
また、職員の外部評価への関心が低いことも気になります。『自分が担当する事業が選ばれなければ関係無い。』という姿勢ではなく、市民の生の声が聴ける貴重な制度として活かすべきだと思います。

須坂市の行政評価の取り組みのページに戻る

(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

総務部 総務課
TEL:026-248-9000
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1