ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

シンボルの紹介

市章

須坂市市章 須坂市の市章は、大正4年11月に制定されたもので、亀の甲を「須坂」の「ス」の文字で表し、須坂の歴史と将来への発展を意味しています。

 

市の木・市の花

市の木:くますぎ

須坂市の木「くますぎ」の写真


市の花:れんげつつじ

須坂市の花「れんげつつじ」の写真

市の木・市の花の選定は市民憲章制定委員会が当たったが、市民から200通の応募があり、須坂市に関係の深い原寛(東京大学名誉教授)及び真峰新平(植物学者)の助言を得て、市の木に「くますぎ」、市の花に「れんげつつじ」を選定した。
くますぎは、須高地方森林面積の第一位をしめており、苗木生産も全国的に有名であり、空に向かって円錐形に伸びる姿は、発展する須坂市を象徴するものである。
市の花れんげつつじは、五味池破風高原自然園一帯の大群落は、株の大きさと株数で日本一といわれ、情純で素ぼくな美しさは、人間性豊かな須坂市民を象徴するにふさわしいというのが選定理由であった。昭和56年3月31日発行「須坂市史」より引用    

推奨する市の木・市の花はこちらのページをご覧ください。

関連リンク

(最終更新日:2017-10-09)

このページに関するお問い合わせ先

総務部 総務課
TEL:026-248-9000
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1