ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

市長のコラム

現在5件づつ表示しています。10件づつ表示する場合はここをクリックしてください。

◆夏の交通安全やまびこ運動

発行日時:2021 年 07 月 26 日 10 時 52 分

7月22日(木)から31日(土)まで、夏の交通安全やまびこ運動が実施されます。
それに先立ち、7月21日(水)須坂市交通安全協会主催により夏の交通安全やまびこ運動~人波作戦が、須坂長野東IC入口信号交差点付近で実施されました。

早朝暑い中、ヤングドライバークラブ、ダンプカー協会、須坂市交通安全協会各支部、須坂市安全協会安全指導部、須坂市交通指導員、須高警友会、須坂警察署の皆さんのご協力により、自動車で通勤される方々に桃太郎旗を掲げて交通安全を呼びかけました。

夏の交通安全運動は、①夏休みの子供の交通事故防止 ②歩行中・自転車乗用中の交通事故防止 ③高齢運転者等の安全運転の励行 ④飲酒運転をはじめとする悪質・危険な運転の根絶
以上4点を重点として活動を行っています。

市内の小・中学校は順次夏休みを迎え、普段と生活リズムが変わり外出の機会が増えることから特に注意が必要です。悲惨な交通事故が起きないように、みなさまのご協力をお願いします。

6月2日(水)、日滝地区で起こった交通死亡事故を受け、須坂警察署の呼びかけにより交通安全協会、須坂市交通指導員等の皆さんで、サマーランド前交差点で人波作戦を実施していただきました。
7月5日(月)には、千葉県で発生した飲酒運転による小学生の死亡事故を受け、幸高町交差点で緊急人波作戦を実施していただきました。

「思いやり」を持って運転する。人も車もしっかり安全確認をする。大人が正しい交通ルールの手本を示す。大人は子どもから目を離さない。「止まる、見る、目立つ」を心掛けることが大切です。

・横断歩道に立って、子どもたちのために交通安全指導をして下さる方
・横断歩道を渡る際に手をあげ、渡り終わったあと頭を下げて感謝の意を表す子ども
・停車してくれた車のために、横断歩道を小走りで渡る姿
・交差点で右折車に進路を譲り渋滞を解消する運転手

私は日ごろ自家用車で通勤していますが、こういった方々を見ると嬉しくなりますし、須坂市の交通道徳の高さを感じます。

以前のメルマガでもお伝えしましたが、JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 藤井一裕)で2016年から毎年行っている「信号機のない横断歩道」における歩行者優先についての実態調査において、長野県は連続5年1位となっており、2020年は72.4%で昨年比+3.8%と過去最高の数値となっております。

一瞬の不注意で取り返しのつかないことになってしまわぬよう、一人ひとりが交通ルールを守り安全意識を一層高め、連帯して交通事故防止に取り組み、安全安心のまちづくりを進めていきましょう。

【2021年6月30日現在、市内の事故発生件数】
人身事故発生件数 40件(前年比 -14)
傷者数 45名(前年比 -17名)
死者数 1名(前年比 +1名)

以下は、年ごとの人身事故発生件数、死者数
2011年 207件 3名
2012年 202件 4名
2013年 204件 1名
2014年 197件 1名
2015年 165件 0名
2016年 186件 1名
2017年 157件 0名
2018年 140件 2名
2019年 116件 0名
2020年 95件 1名

◆「社会福祉法人 森と木」と「スワンベーカリー」

発行日時:2021 年 07 月 15 日 15 時 58 分

7月7日(水)、県議会農政林務委員会・現地調査に伴う陳情をした後、出演するFMぜんこうじの番組収録まで時間がありましたので、思い立って日頃お世話になっているI理事長の事務所に伺いましたが、お留守でした。
次に、4月にリニューアルオープンした長野県立美術館に行きましたが、あいにく、こちらも休館日でした。
折角ですので、まちづくりの参考に日ごろお世話になっているぱてぃお大門にある「カフェ+まち案内 えんがわ」に伺いましたが、こちらも定休日でした。
同じくぱてぃお大門で、4度目の正直、午前10時開店の喫茶店「森乃珈琲店 曇り時々晴れ」があり、お邪魔しました。
こちらは落ち着いた内装で、コーヒーも自家焙煎、スイーツも工夫をされており、何よりスタッフに温かみを感じました。掲示してある絵画も独創的でした。
お聞きすると社会福祉法人「森と木」が運営される障がい者就労支援の店舗とのことでした。

社会福祉法人森と木「森乃珈琲店 曇り時々晴」

実は「森と木」の理事長の白井千尋さんは、私と県職員の同期で、県環境部長を経験され、在職中から福祉関係に造詣の深い方でした。このようにご活躍されていることを直に感じ、とても嬉しくなりました。
白井さんに直接、福祉について話をお伺いしたことはありませんので、今度ぜひ話をお聞きしたいと思いました。
森乃珈琲店 曇り時々晴を訪れたことで、県庁在職時に行政改革でお世話になった小倉昌男氏(元ヤマト運輸社長、元ヤマト福祉財団理事長)のことを思い出し、スワンベーカリーにも行きたいと思いました。

スワンベーカリーは1993年、故・小倉昌男氏が障がい者の自立と社会参加の支援を目的として立ち上げたベーカリーです。
スワンベーカリー

以下、ヤマトグループ創業100周年サイト「小倉昌男の福祉への思い」から引用

「ヤマト福祉財団の最初の取り組みは、障がいのある大学生へ返済不要の奨学金や、共同作業所への助成だった。そこに新しい活動が加わったのは1995年の阪神・淡路大震災。同年6月にヤマト運輸の一切の役職から退いた昌男は、被災した共同作業所に寄付をしたことがきっかけで、障がい者施設を訪れる。
そこで見たのは安い下請け仕事に励む障がい者の姿。月給が1万円、それ以下のケースもざらだった。
1996年、昌男は、自分は福祉のプロではないが経営のことなら伝えられると、「パワーアップセミナー」(現:パワーアップフォーラム)と題し、障がい者施設の運営者を対象に「1万円からの脱却」を目指したセミナーを始めた。
障がい者の経済的自立支援を実践するため、1998年には「株式会社スワン」を設立。
タカキベーカリーから技術指導と冷凍パン生地の提供を受けて、東京・銀座に「スワンベーカリー」1号店をオープンする。障がい者が健常者とともにパンをつくり接客もする店だ。
2019年現在、直営店、フランチャイズ合わせて全国に30店舗を展開している。」

ヤマトグループ創業100周年サイト「小倉昌男の福祉への思い」

◆長野県議会農政林務委員会陳情

発行日時:2021 年 07 月 08 日 18 時 22 分

梅雨に入り、国内各地で災害が発生しています。
防災のために国や県への日頃の地道な要望活動が重要ですので、2021年7月7日(水)、長野県議会農政林務委員会に陳情をしました。
農政林務委員会の委員長は堀内孝人県議で、小林君男県議も地元議員として出席され、長野森林組合(村石正郎組合長)、ながの農業協同組合も陳情されました。

まず、一昨年の令和元年東日本台風によって農作物をはじめ、農地、農業用施設、農林道等に甚大な被害を受けたことに対して、国および県の復旧復興へのご尽力、特に千曲川河川敷の堆積土砂の撤去による農地の早期復旧(※)に感謝を申し上げました。
また、この件で長野県議会農政林務委員会が、7月7日午後に福島町河川敷の復旧農地へ視察をされることにも感謝を申し上げました。

(※)須坂新聞WEBサイト
千曲河川敷等の農地排土作業ほぼ完了?「やる気が出てきた」と耕作者

近年増加している災害に対し、最大限の備えを図る必要がある観点から、次の事項について要望しました。

1 相之島排水機場設備更新の事業促進について
八木沢川下流の相之島排水機場に設置されているポンプは、4基のうち3基が1966年(昭和41年)に設置されたもので、半世紀以上経過し老朽化が進み、度々故障が発生しています。
2020年度(令和2年度)?2023年度(令和5年度)の間に工事が行われますが、住宅および農地が湛水被害を受けないよう、早期に設備更新が完了するようご支援をお願い申し上げます。

2 福島北排水機場設備更新の早期事業化について
権五郎川にある福島北排水機場は1966年(昭和41年)に設置され、老朽化によりいつ機能不全に陥るかわからない状況です。
住宅および農地が湛水被害を受けないよう、2024年度(令和6年度)から工事が予定されていますが、早期の設備更新の事業化および排水能力の増強についてご支援をお願い申し上げます。

3 治山堰堤の設置について
林道大谷不動線では沢からの土砂流出により、近年連続して同じ箇所が被災しています。
上流の沢には複数の治山堰堤が設置されていますが満砂の状態になっています。
今後も大雨が頻発することが予想されますので、再度災害防止のための治山堰堤の設置についてご支援をお願い申し上げます。

なお、仁礼地区は宇原川土石流災害(昭和56年8月23日の台風15号。56災害。)により、大災害が生じ、10名の尊い命が犠牲となりました。近年は県事業実施により大災害は発生していませんが、防災の観点からよろしくお願い申し上げます。

最後に、ベテランの風間辰一県議から支援のお言葉をいただきました。

◆第13回長野県知事杯争奪マレットゴルフ大会開催・市議会修正案可決と新聞記事についての説明

発行日時:2021 年 07 月 01 日 16 時 53 分

「第13回長野県知事杯争奪マレットゴルフ大会開催」

6月23日(水)、第13回長野県知事杯争奪マレットゴルフ大会が須坂市百々川緑地マレットゴルフ場で開催されました。
このマレットゴルフ場は、北信五岳や北アルプスが望める素晴らしいロケーションにあります。さらに、須坂市マレットゴルフ協会(静谷安廣会長)、長野県マレットゴルフ連盟須坂支部(山下袈裟治会長)をはじめとしたマレットゴルフ愛好者の皆さんがコースの維持補修をしてくださっており、ゴルフ場と間違えられるほど美しく整備されています。
市内外問わず大変評判が良く、多くの方にご利用いただいています。

2011年10月2日・3日に百々川緑地マレットゴルフ場で開催された厚生労働大臣杯第15回日本マレットゴルフ選手権大会では、参加者からコース・運営など大変素晴らしいと高い評価をいただきました。(当時の須坂市マレットゴルフ協会会長は宮本勇治様)
須坂新聞 須坂で日本マレットゴルフ選手権大会

長野県マレットゴルフ協会の平坂一雄会長からは、マレットゴルフのプレー中に新型コロナウイルス感染症に感染した人はいないのではないか、大会中の感染防止策を徹底するようにとあいさつがありました。
私からは、次のようなあいさつをさせていただきました。
2028年に長野県で開催予定の国民スポーツ大会で、オリンピック正式種目のトランポリン競技会場として須坂市北部体育館が内定しました。
トランポリンは2000年のオリンピックシドニー大会から体操競技の一部門として正式種目となり、日本選手のメダルが期待される種目です。
そして2028年国民スポーツ大会のデモンストレーションスポーツとして、マレットゴルフをこの百々川緑地マレットゴルフ場で開催することを県準備委員会および県マレットゴルフ連盟へ要望していく予定です。
マレットゴルフの参加者は、原則県内居住者ですが、私としては全国からの参加を関係団体に要望していきます。

-----------------------------------------

「市議会修正案可決と新聞記事についての説明」

市議会修正案可決について
~正しい事実に基づく市議会議論と報道・民主主義の基本として

私は日ごろ、「民信無くば立たず」という論語の言葉を大切に市政運営を行っています。
某新聞に、次の記事が掲載されました。
これは、私の「民信無くば立たず」の信頼、信用を失いかねない事項でありますので、説明をさせていただきます。
(ある方は、新聞記事を批判することはマイナスとか、議員に反論するとマイナスとかという意見があります。私は、世の中で忖度をして不公平、不公正がまかり通ることを批判しながら、自分自身がマイナスになるからといって忖度をすることはできません。真っ当な社会にするためには、お互いに事実に基づき、意見交換をしていくことが基本であると考えています。)

新聞記事において、修正案の修正理由に対する市長としての私の閉会挨拶における説明について、一言も触れていないことは、新聞紙面の都合がありますが、公平、公正の見地からも、読者に誤解を生じることからも好ましくないと感じます。
新聞記事を引用しながら、信州須坂フルーツエールに関する説明をいたします。

(新聞記事)
「フルーツエール推進協」負担金と「湯っ蔵んど」支援金 須坂市会減額の修正案を可決(新聞見出し)
須坂市議会は6月定例会最終日の30日、市提出の本年度一般会計補正予算案のうち「信州須坂フルーツエール推進協議会」への負担金1235万円と、同市仁礼の市有温泉施設「湯っ蔵んど」の指定管理者への支援金1759万円をそれぞれ減額する議員提出の修正案をともに賛成多数で可決した。
同協議会は2016年度に市や須坂商工会議所などが設立、リンゴ果汁などを使ったビールを製造している。新型コロナウイルスの影響で売り上げが減り、消費喚起のため、市は商品のロゴなどの更新費用として補正予算案に負担金を盛っていた。
本会議で宮本泰也議員は、16年9月の市議会で三木正夫市長が原則として事業3年目からは委託業者に自立してもらう-と答弁したと指摘。「これ以上の公費を投入すべきではない」と1千万円を減額する修正案を提出した。議長を除く18人による採決で2人が退席し、賛成9人、反対7人だった。(引用終わり)
 
宮本議員・水越議員提出の6月30日の修正理由は、次のとおりです。

フルーツエール事業が始まる平成28年9月定例会 予算決算特別委員会(※)審査において市長が「原則的に3年目については、委託を受けた業者が自立をするという形になります。従いまして、例えば、その業者が3年目に赤字だったとしてもその業者の責任において処理をするということであり、赤字の補填は原則的にないということでございます。」と答弁している。従って、これ以上の公費を投入すべきではない。

(※)平成28年8月30日の予算決算特別委員会(以下「委員会」という。)での宮本議員の発言と私の発言は次のとおりです。

宮本議員:市が3年目以降、 市の単費を使うということが事業継続の上で市が関与することはまずいと思うのでそれ以上市費を入れないということについて市長さんどうお考えかお聞きします。(質問抜粋)

市長:協議会を設けまして委託する形になります。委託した場合には、原則的に3年目については、委託を受けた業者が自立をするという形になります。したがいまして、たとえば、その業者が3年目に赤字だったとしてもその業者の責任において処理をするということでありますので、赤字の補填は原則的にないということでございます。(答弁抜粋)

【三木見解】

① 宮本議員は、修正理由で「赤字の補填は原則的にないということ」と私が答弁していることを修正理由としていますが、今回は赤字補填が目的ではありません。フルーツエール事業の更なる販路拡大・販売促進による果物振興、恋人の聖地ブランドによる須坂市の知名度・魅力アップが目的です。

② 私は委員会で「赤字補填を原則的にしない」と述べていますが、市費を投入しないとは述べていません。宮本議員は、委員会で「市の単費」を使うことはまずいと思うのでそれ以上の「市費を入れない」発言しております。宮本議員のように市職員であった方であれば、当然、文脈的に、この場合の「市費」とは「市の単費」と理解をされていたと推測されます。地方財政の知識になりますが、「市の単費」とは、「国や県などから一切の財源を受けない市の財源のみ」ということであります。今回はすべて100%国費(1/2は交付金、残りの1/2は地方交付税措置)であり、市の単費(単独費)はありません。

(注)民信無くば立たず。《「論語」顔淵から》政治は民衆の信頼なくして成り立つものではない。孔子が、政治をおこなう上で大切なものとして軍備・食糧・民衆の信頼の三つを挙げ、中でも重要なのが信頼であると説いたことから。民信無くんば立たず。

◆新型コロナウイルスワクチン接種とかかりつけ医

発行日時:2021 年 06 月 24 日 17 時 00 分

新型コロナウイルスワクチン接種(以下、ワクチン接種という)につきましては、須高医師会、県立信州医療センターを始め医療従事者の方々に、当初から大変なご尽力を賜っておりますことに、まずもって感謝を申し上げます。

市民の皆さんが安全に、安心してワクチン接種が受けられるよう、今年の1月から須高医師会と検討を重ね準備を行ってきました。
現在、市内の医療機関では通常の診療とワクチン接種が安心安全に両立出来るよう配慮していただき、休診日や診療時間外で個別接種をしていただいています。

接種体制を検討する中で、須坂市の個別接種は「基礎疾患があり、1か月から3か月ごと等、定期的な診察や薬を処方してもらっている医療機関=かかりつけ医」をお持ちの方を対象としました。
ワクチンの配送や取扱方法、限られた接種期間であること、副反応が起こった場合の対応を考えてのことです。

政府は4月30日、65歳以上の高齢者に対する接種を7月末までに完了するよう求める通知を都道府県に発出しました。
市では7月末までに希望する高齢者の接種完了を目指し、当初の接種スケジュールを前倒しました。接種率も70%から85%に接種計画を見直しました。
かかりつけ医での個別接種についても、各診療所での接種予約人数を増やしていただきました。

集団接種については接種日や接種枠を増やし、密にならないよう会場を保健センターから北部体育館に変更しました。
増設にあたって医師、看護師などの医療従事者の確保が課題となり、民間人材バンクや県ワクチン接種支援チームからの医師、看護師の派遣を活用し調整をおこなっていたところ、須高医師会の先生方から「日曜日なら協力できる」といった声をいただき、須高医師会、信州医療センターからも医師・看護師の協力をいただいております。

市民の皆さんの中には、「今までかかりつけ医と思って体調不良の時や特定健診を受けていたのに、個別接種の予約ができなかった」、「集団接種を勧められた」という方もいらっしゃいますが、個別接種よりも早い時期に接種が受けられるよう、各医療機関で対応されたと考えます。

須坂市では、かかりつけ医を持つことの大切さについては今までと変わりないものと考えています。
かかりつけ医を持つメリット
・患者さんやご家族の体調、生活習慣、病歴など把握しているため、病気の早期発見、早期治療につながる
・入院や検査、高度な治療が必要な場合、適切な病院・診療科を紹介していただける
・食事など健康管理面からもアドバイスを受けられる
など

ワクチン接種の予約は、電話とWebで行っています。
コールセンターは当初5人でした。6月の予約開始に伴い10人に増員しましたが電話がつながりづらいとご意見をいただきました。7月からはコールセンターを20人に増員して対応します。電話はフリーダイヤル(無料)にして予約や相談を受け付けます。

ワクチンの接種率だけを考えた場合、個別接種よりも集団接種の方が格段に高くなりますが、市では接種を希望する全ての方が11月末までに接種を終えるよう体制を充実させ、個別接種と集団接種の二つの体制を取り、きめ細やかな対応をしています。


 (1153 件の内 No.1 - No.5 表示中)

このページに関するお問い合わせ先

総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1