ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

市長のコラム バックナンバー

◆語りと音楽の夕べ

発行日時:2008 年 11 月 20 日 18 時 17 分

 10月2日(木)、『秋の一夜 語りと音楽の夕べ「ギター弾きのツーノ」』を、有志の皆さんが「語りと音楽の夕べ実行委員会(遠藤園子委員長さん)」を結成してメセナホールで開催されました。

 このコンサートは読書離れといわれるこの頃に対して、読書の機運を高めるために、宮沢賢治の童話『セロ弾きのゴーシュ』をフリーパーソナリティの武田徹さんがアレンジして、武田さんの巧みな語りと、その仲間の「ジャミング・キャッツ・ダンディー」のジャズ演奏で表現したものです。

 須坂出身のギタリスト角田忠雄さんが、ギター弾きのツーノ役で出演し、須坂市動物園のハッチも登場する楽しい弾き語りコンサートでした。
 武田さんの話術の素晴らしさはもちろんですが、ドラムスのスティックさばきに驚きました。また、2008年還暦デビューをされた奥様の素芳さん(武田芳子さん)もヴォーカルで出演され、夫婦仲のよさも素晴らしいと感じました。

 このほか「ABN・八十二 第3回ふるさとCM大賞Nagano」(2003年)で大賞を受賞した須坂市CM『味噌との遭遇!?』で「み~そ~、み~そ~♪」という印象的なコーラスを披露したマドリンガルシンガーズも出演されました。残念ながら十八番(おはこ)の味噌の歌は披露されませんでしたが、須坂に贈呈された「須坂賛歌」(新南田ゆり 作詞。安藤由布樹 作曲)を久しぶりに聞くことができました。

 当日会場は、補助席が出され、もう少しで入場制限になるほどの盛況でした。実行委員は、女性の皆さんが中心でしたが、すごいパワーを感じるとともに、自主的に地域づくりに取り組んでいただけるのはありがたいことです。
 さらに、感謝を申し上げたいのは、コンサートにより収益があったということで、遠藤実行委員長さんを始め実行委員の皆さん、武田さんご夫妻がお揃いで市役所にお越しいただき、児童用図書50冊をご寄贈いただいたことです。ありがとうございました。

▼長野朝日放送番組ホームページ 第3回ふるさとCM大賞 Nagano
須坂賛歌
▼市立須坂図書館-図書館だよりブログ



   須坂市消防団音楽隊とラッパ隊

 11月9日(日)、第24回須坂市消防団音楽隊定期演奏会が開催され、例年のように大ホールが満席となりました。演奏会後の観客の皆さんのにこやかな顔が印象的でした。

 音楽隊は演奏活動を通じての予防消防と防災意識の高揚に勤めた功績により、6月に長野県知事表彰を受賞されました。

 ラッパ隊は今年開催された第17回長野県ラッパ吹奏大会において、出場した大会で8回連続優勝を遂げ、日本一との評価を受けています。また、全国規模の式典でも演奏をしており、3月には日本武道館で開催された自治体消防60周年記念式典(中野市及び辰野町消防団との合同吹奏)で、10月には東京ビッグサイトで開催された地域総合防災力展(須坂市ラッパ隊単独)で吹奏を行いました。
 会場の消防関係者から、「自分の地域でも演奏を聞きたい」、「ラッパとは思えない」などの賞賛をお聞きしました。

 長野県消防ラッパ吹奏大会に向けて、岩崎仁ラッパ長は、ラッパ隊の吹奏の技術の継承を図るため、吹奏員の思い切った交代を行いました。その年の優勝を目的とするならば、経験者を起用する方が無難ですが、あえて世代交代を図った勇気に敬服しました。さらに、鼓隊員4人全員が、経験がなかったということにも驚きました。
前のコラムへ | 次のコラムへ

市長の部屋へ

このページに関するお問い合わせ先

総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1