ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

市長のコラム バックナンバー

◆平成5年9月須坂市議会定例会閉会あいさつも踏まえて

発行日時:2023 年 09 月 28 日 15 時 30 分

議案第50号「須坂市犯罪被害者等支援条例」の制定について、当該条例の施行日を修正する修正案が可決されました。
施行日を「10月1日」から「公布の日」に修正いただいたことは、本条例の一刻も早い施行を目指す中で、大変ありがたいと思っております。今後は、特段の理由がない限りは施行日を公布の日にしてまいります。
なお、この条例案の作成にあたりましては、担当職員が、万が一を考慮して一刻も早い制定を目指し、先に制定した近隣市などから情報を得て条例案を作成したことを報告させていただきます。
上記以外の議案は、2022年度決算認定を含めてすべて原案のとおり可決されました。

8月29日の特別委員会でもお知らせしたとおり、「(仮称)イオンモール須坂」が2025年秋に開業予定と発表になりました。また9月25日には「(仮称)ルートイン須坂」の起工式が執り行われ、2024年12月に完成予定と発表になりました。イオンモール株式会社、ルートインジャパン株式会社は、ともに須坂市議会を始め市民の熱意を受け、特別に今回の発表をしてくださいました。それぞれの対応に感謝を申し上げます。

【ルートインジャパン株式会社の小名木義孝専務の記者会見での発言】
・我々が地域に期待されているということを痛切に感じている。
・非常にアクセスがいい。
・ここのホテルを拠点に色々な所に回れると考えている。

【三木の発言】
・観光を含めて長野広域、北信地域の発展になることを期待している。
・イオンモール株式会社、ルートインジャパン株式会社をはじめ、すべての立地企業各社には、建築費の高騰など課題がある中で地域の期待に応えるべく建築などの取組みを進めて頂いていることに感謝申し上げます。


「須坂蔵の町スクウェア(旧 須坂中央駐車場広場)」を始め、市内各地でイベントが数多く開催されています。近年、須坂市はイベントが多いといわれています。
9月17日に行われたはるな愛さんをお呼びしたイベント「あいふぇす in 須坂市」で、はるな愛さんと地元出演者、観客、老若男女が一体となり楽しめたことから、人と人とのつながりが希薄になるなかで、こうしたイベントの大切さを改めて感じました。また多くの市民から、若者が頑張っていることが嬉しいし、応援したいという声もお聞きしました。


恋人の聖地「須坂アートパーク」では、9月28日から「恋華めぐり2023」としてさまざまなイベントが行われます。
高甫小学校で行われる予定の華道家假屋崎省吾さんによる「花育特別授業」を皮切りに、9月30日は世界の民俗人形博物館で「假屋崎省吾さんによるトーク&デモンストレーション」、9月30日と10月1日の両日は「クラフト&アートフェア2023」、「オープンガーデンめぐり」、9月30日から10月7日にかけては歴史的建物園で假屋崎省吾作いけばな特別展示が開催予定です。
ぜひこの機会に須坂アートパークで假屋崎省吾さんの世界を体験してください。昨年アートパークで開催された假屋崎さんのいけばな展で、何人かの華道団体の方と懇談をさせていただきましたが、皆さん假屋崎さんの作品に感嘆されていました。想像力と感性を引き出す「本物に触れる」機会とし、これを未来につなげていきたいと考えています。

2019年10月の台風で被災した林道米子不動線が5月に開通し、約3年半ぶりに米子大瀑布への立ち入りが可能となりました。秋の行楽シーズンは賑いが期待されます。市としても多くのお客さまにお越しいただくよう、また米子大瀑布を訪れた人たちに市内も周遊してもらえるよう、しっかりPRしていきたいと考えています。
紅葉シーズンとなる10月の土日祝日(10月7日、8日、9日、14日、15日、21日、22日)はマイカーを規制して、「湯っ蔵んど」と「米子大瀑布」の間をシャトルバスが運行します。バスは目線が高いので、自家用車から見る紅葉とはまた違った味わいがあります、ご利用ください。


10月8日は第35回信州須坂ランニングフェス、10月21日に「パンフェスティバル」、10月25日~11月12日は第36回信州須坂大菊花展など、さまざまなイベントが予定されています。多くの市民の皆さまにご参加いただき、信州須坂の爽やかな秋を楽しんでいただきたいと思います。
(信州須坂ランニングフェスは出場予定者数1192人。多くの事業者から協賛金・協賛品をご寄付いただきました。ありがとうございました。)

私の進退について申し上げます。
「(仮称)イオンモール須坂の開業テープカットを考えているのではないか」という声に対し、私の尊敬申し上げる市民の方が「市長はそんな自分本位のことを考える人ではない」と否定してくださったということです。とてもありがたいお言葉です。
私が進退を明確にしないと、立候補の表明ができないとのご意見がありますが、須坂市と全く同日(2024年1月14日告示、同21日)に投開票予定の駒ケ根市長選には、現職の立候補表明前に市民が立候補表明をしています。2024年4月7日投開票予定の小諸市長選挙においても、すでに市民が立候補表明をしています。
立候補には、須坂市への熱い思いと使命感、決断力が必要と考えています。私は、残された任期において課題発見と解決を基本に、引き続き須坂市の一層の発展と市民福祉の向上のために、全身全霊で尽力してまいります。
前のコラムへ | 次のコラムへ

市長の部屋へ

このページに関するお問い合わせ先

総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1