ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

市長のコラム バックナンバー

◆2020年春の叙勲受章の遠藤守信信州大学栄誉教授、オリオン株式会社太田哲郎社長へのお祝いと感謝

発行日時:2020 年 05 月 07 日 16 時 25 分

2020年春の叙勲に須高地区では3名の方が受章されました。お祝いと感謝を申し上げます。

信州大学栄誉教授で須坂市名誉市民でもいらっしゃるに遠藤守信先生は、小型で多くの電気が蓄えられるリチウムイオン電池などの材料となる「カーボンナノチューブ(CNT)」という新素材を世界で最初に発見し、量産法を開発されました。
世界的に活躍され大変多忙な中でも、郷里須坂を始めとした地域や母校信州大学ために、専門分野はもちろんのこと幅広い活動をしていただいています。
いくつかを紹介します。
・信州大学・須坂市研究連携センター遠藤守信研究室サテライトラボの設置
・須坂市と信州大学との連携のコーディネート(※1) 
・イノベートSUZAKA(※2)の設置
・クリスマスレクチャーin須坂(※3)の創設
・蔵の町並みキャンパス元気スクール(※4)のプロデュース
また、現在策定中の須坂市総合計画の審議会会長も務めていただいております。

現在でも遠藤栄誉教授とお会いするたびに多くのことを教えていただき、感謝をしております。
遠藤栄誉教授からは「共創」をいう言葉を教えていただき、市役所は共創の理念に基づいて市民と連携をしています。須坂市は、おそらく「共創」という言葉を最初に使用した地方公共団体ではないでしょうか。
次に、先生から教えていただいたお言葉の一部を紹介します。
私は常にこの言葉を念頭に置いています。
・Never,never,never,and never,never give up!!
・幸運の女神は準備を整えた人にほほえみかける
遠藤栄誉教授の著書「野原の奥、科学の先。遠藤守信のクリエイティブ・スピリット」はとても読みやすく示唆に富む書籍で、子どもにも理解ができます。カーボンナノチューブ発見の様子も記されています。
市立須坂図書館にもありますのでご覧ください。

--「野原の奥、科学の先。遠藤守信のクリエイティブ・スピリット」から引用--
「それはまさに奇跡的な発見でした。「神様の贈り物」だと言ってもいいでしょう。長さ1センチメートルのカーボンファイバーに付いた直径1ナノメートルの粒を電子顕微鏡でとらえることは、信州大学工学部から善光寺までの約5キロの道のりに落ちている1枚の10円玉を探しだすことと同じくらいに大変です。その困難な作業を行うとき、私を支えたのが、「ありのままに見る」というオベラン先生の教えでした。3か月ものあいだ、毎日、電子顕微鏡をのぞいて特訓をしたからこそ、この発見があったのです。チャンスの女神というのは、必要な準備を整えてきた人にはほほえむものだと、そのとき私はしみじみと感じました。ムダな努力など一つもない。一生懸命がんばって努力すれば、女神は必ずほほえんでくれるのだと、こころが昂ぶりました。」
--引用おわり--

オリオン機械株式会社の太田哲郎社長は、創業者であり須坂商工会議所の会頭を務められた故・三郎氏から若くして社長を引き継がれました。
「感動を呼ぶ製品」、「世界No.1製品」をめざして、酪農機器や産業用精密空調機などを国内外で展開し業界をリードしています。
また若手技術者を育成することにも熱心で、オリオン機械から出場した技術者たちは毎回優秀な成績を残し、技能五輪世界大会にも出場しています。
オリオン機械および関連会社を退職された皆さんは異口同音に会社に誇りを持ち、感謝をしていることが印象的です。
太田社長には地域のためにも大変ご尽力いただいており、現在、須坂商工会議所副会頭を、また初代須坂市産業活性化戦略会議会長(2004~2016)を務めていただきました。
須坂市産業活性化戦略会議における太田会長の方針は、「アイデアを出した人が実行をする」。そして、この方針によっていくつかのアイデアが商品化されています。

太田社長は新聞の取材で、リーマンショック以上とも言われる「コロナ不況」が現実味を帯びるなか、「夜明けは必ず来る。顧客の声に耳を傾け開発に打ち込む時だ」とおっしゃっています。
遠藤栄誉教授は、「世界が抱えるどんな困難も、人類の英知を結集すれば克服することができる」とおっしゃっています。
新型コロナウイルスという未曽有の危機に対応している現在、遠藤栄誉教授、太田社長の言葉をうけ、私自身も決意を新たにしました。

(※1)県内の市町村と信州大学との地域連携の現状にスポットライトを当てるシリーズ
「地域と歩む 須坂市編 vol.1」
「地域と歩む 須坂市編 vol.2」
(※2)イノベートSUZAKA…異業種間で技術連携し新産業の創出を模索する団体(最近ではコロナ感染症対策のフェースシールドを提案・製作し、無償で医療機関等へ提供しました。)
(※3)クリスマスレクチャーin須坂(2008~2017)
(※4)蔵の町並みキャンパス元気スクール(2006~2017)
第1回目はトヨタ自動車豊田章一郎名誉会長に講演をしていただきました。
前のコラムへ | 次のコラムへ

市長の部屋へ

このページに関するお問い合わせ先

総務部 政策推進課
TEL:026-248-9017
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1