ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

よくある質問とその回答

Q. 「障がい者福祉の充実」をお願いします。
近隣の市にくらべ、障がい者に対する福祉医療の制度の対象者が狭いため、拡充を希望します。
人口減少が進むなか、福祉制度の拡充に力を入れて欲しいです。

当市の障がい者に対する福祉医療制度の範囲は次表のとおりです。 
(近隣市町村との比較) (H30.4.1現在)

≪身体障害者手帳≫ 
1級~5級  ・・・A市
1級~4級  ・・・須坂市・B市
1級~3級  ・・・C市・D町・E村

≪精神福祉医療手帳1,2級≫
通院・入院(食事含む) ・・・須坂市
通院・入院(食事含まない)・・・C市 
通院のみ  ・・・A市・B市・D町・E村

≪療育手帳≫
A1~B2 ・・・A市・C市・E村
A1~B1 ・・・須坂市・B市・D町

≪自立支援医療(精神通院)≫
対 象 ・・・須坂市・B市
対象外 ・・・A市・C市・D町・E村


近隣の市町村と比べ当市の範囲はけっして狭くはないことがお分かりいただけるのではないかと思います。
更に精神福祉手帳の対象で入院時における食事代を助成しているのは、県内市町村の中でも須坂市を含む2市村のみであり、長期入院を余儀なくされる受給者の方にとって手厚い制度となっております。

少子高齢化と人口減少が進む中、福祉の担い手となる人材、支える側となる働き手も減少し、財政負担も大きくなっています。
そのような状況の中で、必要な方に必要な助成が引き続き行える支援体制を維持していくことがこれからも重要と考えております。


このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
TEL:026-248-9018
FAX:026-251-2459
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1