ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

よくある質問とその回答

Q. 冬の間、竜ヶ池の水が少ないのはなぜですか?

竜ヶ池の水質浄化活動として、2004年から小山小学校の児童による「EMだんご」の投入を開始しました。
この取り組みによりアオコの発生は減少し、異臭や魚が浮かんでくることはなくなりましたが、水質改善については足踏み状態でした。また2010年からは赤潮が発生し、水温が下がる時期には透明度の低下や泡が発生する状態も見受けられ、富栄養化を抑えるために2014年からEMだんごによる取り組みを中止し、2015年から毎年冬の間、水質改善を目的に水を抜いています。

竜ヶ池はお椀を2つ並べたような構造で、臥竜橋(中央の白い橋)の下が最も浅くなっていますが、排水門は臥竜橋の西側に1箇所しかないため、全ての水を抜くことはできません。
以前から「池の水が汚い」という声もありましたが、水を入れ替えることにより、毎年行っている水質調査の数値は改善されており、一定の効果を得られています。

以前、水質浄化装置を試験設置しましたが、補用対効果があまり芳しい状況ではありませんでした。また、しゅんせつ工事などを実施すれば多額の費用がかかりますが、水の入替えなら基本的に費用はかかりません。

竜ヶ池の水は約1キロメートル離れた灰野川から引き入れています。4月には桜の開花とともに池開きが行われますので、毎年2月中旬頃から水を入れています。

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり推進部 まちづくり課 臥竜公園管理事務所
TEL:026-245-1770
FAX:026-248-1793
所在地:須坂市臥竜2-4-8(臥竜公園)