ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

よくある質問とその回答

Q. 長野県長野地域・須高地域の総合的経済発展のために千曲川大橋の早期建設の実現について

 千曲大橋の建設につきましては、建設促進を図るため、平成24年3月19日に千曲大橋建設促進期成同盟会 三木会長(須坂市長)から長野県知事あてに「要望書 (仮)千曲大橋建設に向けての取組み強化」についての提出を行いました。
また、同年6月22日に長野県議会へ赴き、三木会長(須坂市長)から長野県議会議長及び副議長あてに「陳情書(仮称)千曲大橋建設に向けての取組み強化」についての提出を行い、6月長野県議会定例会において採択されました。
今後も関係市町村と連携・協力し、千曲大橋建設に向け、活動を続けてまいりますので、みなさまのご支援をお願いいたします。

【参考】
要望書
(仮称)千曲大橋建設に向けての取組み強化について
平成24年3月19日

長野県知事  阿部守一 様

千曲大橋建設促進期成同盟会
会長 須坂市長 三 木 正 夫


陳情書
(仮称)千曲大橋建設に向けての取組み強化について
平成24年6月22日

長野県議会 議長  平野 成基 様

千曲大橋建設促進期成同盟会
会長 須坂市長 三 木 正 夫


陳情書
(仮称)千曲大橋建設に向けての取組み強化について
平成24年6月22日

長野県議会 副議長 佐々木 祥二 様 

千曲大橋建設促進期成同盟会
会長 須坂市長 三 木 正 夫

〈本文〉
 平素より、市町村の道路・河川事業等に格別のご配慮を賜り厚くお礼申し上げます。
 さて、千曲川をはさんで長野市北東部と千曲川東岸地域では、平成7年6月に開設された長野市民病院(長野市)や平成9年4月に分譲を開始した県営日滝原産業団地(須坂市・高山村)、平成17年4月に供用開始された小布施スマ-トI.C、平成18年3月に全面改築された須坂病院(須坂市)等が存在しています。
特に小布施スマ-トI.Cにおいては、社会実験当初は、1日平均400台の通行量でしたが、本格運用後は多い時で1日平均3,200台、最大で6,040台を記録した時もあり、地域間における流動化が進んでいます。
 しかし、村山橋から小布施橋までは橋梁間隔が長く、その影響で国道18号や村山小布施停車場線、国道403号が渋滞となり、円滑な交通の流れに支障が生じています。
また、東日本大震災や長野県北部地震でも明らかなように災害時における早期の避難路の確保や救助活動、緊急物資の輸送等において道路や橋の重要性が再認識されると同時に防災対策の強化が改めて求められています。(旧村山橋において、豪雨の際は通行止めとなる場合もありましたが、新村山橋においては円滑な通行が図れるようになりました)
 このため、緊急輸送路としての機能や千曲川両岸の都市連携強化と円滑な交通の流れを図るため、新たな橋梁(仮称)
千曲大橋の建設が必要です。
さらには、新たな橋梁ができることにより、広域観光ネットワ-クの形成や地域振興の増進等にも寄与するものと期待するものであります。
 そして、この(仮称)千曲大橋の建設は、千曲川両岸の住民の悲願でもあります。
これらの状況をふまえ、実情を十分ご賢察いただきまして、(仮称)千曲大橋建設にむけての取組みの強化を切に望みます。







 

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり推進部 道路河川課
TEL:026-248-9006
FAX:026-248-9040
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1