ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

よくある質問とその回答

Q. 市内循環バス「ほほえみ」が廃止に至った経緯、状況を教えてください。

市内の路線バスの利用者は減少傾向にあり、特に昼間の時間帯は利用者が少ない状況にあります。
市内を走る路線バス(米子線、相ノ島線、明徳団地線)の収支はすべて赤字で、経費から運賃等収入を差し引いた赤字額を市や事業者が負担し運行を維持しております。(平成20年度の「ほほえみ」の市負担額は6,877,500円でした。)
平成13年に運行開始した「ほほえみ」の利用者数は平成15年度をピークに若干の減少傾向にあります。また、「ほほえみ」は、他の路線バスと重複・近接している区間があり、運賃が一律100円と廉価であることから、他の路線バスと競合している状況です。
「ほほえみ」が運行されてない地域からは、「ほほえみ」を自分の町にも走らせてほしいという要望も多く寄せられています。
 現在、須坂市地域公共交通会議では、市内バス路線全体を使いやすく再編し、9月末日で「ほほえみ」を廃止し、10月1日から新しい体系へ移るための準備を進めております。

このページに関するお問い合わせ先

市民共創部 市民課
TEL:026-248-9002
FAX:026-248-9025
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1