ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

よくある質問とその回答

Q. 「不用額」という言葉を聞きますが、いらない予算等があるのですか

「不用額」とは自治体の決算書における、予算額と実際に支出した額の差額のこと言います。「不用」という言葉からは、いらなかったものとの印象を受けますが、市では、「使いきり予算」を行わず、経費の削減などにより、いわゆる「不用額」を翌年度以降に使えるお金として積極的に残しています。「不用額」はいらないお金ではなく「翌年度の事業の必要額」になります。
 「不用額」の多寡を批判するご意見もありますが、要は事業の費用対効果で判断することが大切と考えています。
※使いきり予算…予算を残さず無理して使い切ること。自治体によっては予算を使い切らないと翌年度の予算額が減らされるなどの悪い慣習がありました。
※「不用額」は地方自治法施行規則の「決算の調整の様式」に出てきますが、あまり適当な用語と言えません。

このページに関するお問い合わせ先

総務部 財政課
TEL:026-248-9016
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1