ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

よくある質問とその回答

Q. 基金という貯金が毎年増えていると聞きますが、貯金ができるのであれば、そのお金で必要な事業を早く実施すべきではないですか

市では入ってくるお金で必要な仕事ができるように予算を見積もっていますが、1年間の仕事が終わる年度末には、収入の確保や経費の削減といった努力を行った結果、資金に余裕が出る場合があり、この資金は少子高齢化の対応や施設の改修といった将来の支出に備えて基金という形にして貯金します。
 このように、努力により生み出した資金を将来に備えて貯金しているのであり、必要な事業は議会の承認を得て着実に行っています。
※市の貯金である基金のうち、収入に余裕があるときに積み立てて、不足するときには取り崩して使うという年度間の資金の調整の役割をする基金に、財政調整基金と減債基金があります。

このページに関するお問い合わせ先

総務部 財政課
TEL:026-248-9016
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1