ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

よくある質問とその回答

Q. 保育士配置基準の見直しについて

須坂市の配置基準は現在下記のとおりとなっております。(平成23年度)

須坂市の配置基準
国の配置基準
0歳
3対1
3対1
1歳
5対1
6対1
2歳
6対1
6対1
3歳
20対1
20対1
4歳
30対1
30対1
5歳
30対1
30対1



 須坂市では、保育士の配置基準を次のとおり市独自に緩和してきました。
●平成12年度から、1歳児の配置基準を1歳児5人に対し保育士1人としました。
●平成18年度から、3歳児の園児数(1クラス)が4月当初に18人以上になった場合は、4月~9月の6か月間、臨時職員(3時間勤務)の加配保育士を配置しています。
●平成21年度から、4歳児の園児数(1クラス)が4月当初に26人以上になった場合は、4月~9月の6か月間、臨時職員(3時間勤務)の加配保育士を配置しています。
●平成25年度から、3歳児の園児数(1クラス)が4月当初に18人以上、4歳児の園児数(1クラス)が4月当初に26人以上になった場合は、4月~12月の9か月間、臨時職員(4時間勤務)の加配保育士を配置しています。
さらに、特別な支援を要する児童には、障がいなどの程度にもよりますが、児童1人に対し加配保育士1人を配置しています。
なお、該当する私立保育園に対しては、加配保育士を雇用する費用を補助しています。

 市が独自に全ての年齢の保育士配置基準を見直しすることは、大幅な負担が必要となることから、市の厳しい財政状況からは難しいものと考えておりますが、保護者の皆さんからも要望が寄せられていることから、特にどの年齢の児童の配置基準見直しを優先すべきかについて、保護者の皆さんのご意見や現状をふまえ、検討してまいりたいと考えております。

このページに関するお問い合わせ先

教育委員会 子ども課
TEL:026-248-9026
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1