ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

よくある質問とその回答

Q. 防災行政無線がよく聞こえない

防災行政無線は屋外に向けた放送ですので、室内までは聞こえにくいものです。ただし、屋外向けとはいえ、気象状況や地形などの影響により、音が風で流されたり、やまびこ等の反響が起きて聞き取りにくい場合があります。
そこで、須坂市は以下の方法で聞き取りやすい放送に努めています。

1.機器の設置数や放送の方法などを工夫


(1)設置数を多くする

須坂市は、近隣市町村よりきめ細かくスピーカーを設置しています。

(2)機器の調整

聞き取りにくい場所は、スピーカーの方向を変えるなど調整してまいりました。

(3)放送の方法

反響等を考慮しながら言葉を区切るとともに、放送回数を2回から3回に増やすなどの工夫をしています。

(4)緊急時は特別対応

いざというときは、サイレンを鳴らし、音量レベルを最大値の10にして、何回も繰り返して放送を行います。(通常の音量レベルは8です)
また、2度の水害を経験された新潟県三条市の國定勇人市長は、「『防災行政無線の放送が聴こえない・聞こえにくい』というご意見が多くあるが、一言一句伝わらなくても防災行政無線が鳴っていることに気付いてくれればよい。防災行政無線の放送がほかの伝達手段から情報を取得するための合図になればよい」と、「平成28年度全国防災・危機管理トップセミナー」(平成28年6月8日(水)開催)で講演されました。
須坂市も三条市と同様の考え方をしています。


2.放送内容を確認することができます


(1)テレホンサービス

放送が聞き取れなかったときや、再度放送をお聞きになりたいときは、電話
(テレホンサービス(026-462-0001))で放送内容を聞くことができます。
※平日の時間外、土日及び祝祭日の放送は、須坂市役所026-245-1400(代表)に問い合わせをしてください。

(2)防災防犯メールの活用

市内一斉放送をする際には、放送内容と同内容を、無料の登録制メールマガジン
「防災防犯メール」
で配信(献血など地域限定の放送は除く)しています。
配信した防災防犯メールは、須坂市ホームページにも掲載されています。
なお、聞きづらい場所については、具体的な場所・具体的な状況を各区を通じて、市役所総務課(026-248-9000)にお話しください。

********防災行政無線以外での伝達方法********
須坂市では、避難勧告等の情報を下記の手段でも伝達します。
・テレビ(須高ケーブルテレビ含む)
・ラジオ(FMぜんこうじ含む
・携帯電話会社の緊急速報メールやツイッター等のSNS
・市・消防署・警察署の車両による広報
・登録制メールマガジン(防災防犯メール)
・消防団、自主防災組織等による直接的な声かけ
****************************************


3.お願い


(1)窓を開けるなど聞き取りやすい状態でお聞きください。

住宅の気密性が向上していますので、防災行政無線の放送が始まったら窓を開けるなどの対応をお願いします。

(2)積極的な情報収集を心がけてください。

テレビ、ラジオ、FMぜんこうじ、防災ラジオ及び須高ケーブルテレビ地域情報チャンネルのテロップなどで、積極的な情報収集をお願いします。

(3)防災防犯メールの登録をお願いします。

https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/melmaga/

(4)市ホームページのチェックをお願いします。

https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/melmaga/

(5)防災ラジオもあります。

防災ラジオのあっ旋・販売(1台 8,400円税込)をしています。防災に関する情報を聞くことができますのでご検討ください。

このページに関するお問い合わせ先

総務部 総務課
TEL:026-248-9000
FAX:026-246-0750
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1