ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

「まるごと博物館構想」を核とした「人」・「地域資源」で紡ぎだすまちの元気創出事業プロジェクトマネージャー募集

「『まるごと博物館構想』を核とした『人』・『地域資源』で紡ぎだすまちの元気創出事業」

須坂市では国の地方創生推進交付金を活用し、2020年度から2022年度までを計画期間とする「『まるごと博物館構想』を核とした『人』・『地域資源』で紡ぎだすまちの元気創出事業」を信州須坂まちの元気創出推進委員会(以下、「委員会」という。)形式により実施しています。

このプロジェクトは、市域に存在するあらゆる文化財に着目し、「建物の中で展示物を見る」という博物館のイメージから脱却し、市域全体を博物館と捉えて、それらを通じて文化を学ぶ仕組みである「まるごと博物館構想」を推進することで、文化振興と市民の地域に対する愛着醸成(=文化振興事業)、人の流れを市内に循環させること(=回遊促進事業)、観光消費額の増加と新たな雇用創出を生み出し(=産業振興事業)、まちの元気を創出することを目指すものです。

このプロジェクトを推進するための現場の責任者となるプロジェクトマネージャーを1名募集します。

募集内容

1 募集人員 1名
2 所属 須坂市文化スポーツ課
3 職務予定内容 「『まるごと博物館構想』を核とした『人』・『地域資源』で紡ぎだすまちの元気創出事業」における次に掲げる事項
① 事業戦略に基づく、事業全体の運営及び進行管理
② 事業に関係する者の役割等の整理
③ 2021年度実施事業の進行管理
④ 2022年度実施事業の詳細構築
⑤ 委員会及び委員会事務局への報告・連絡・相談・フィードバック
⑥ 関係者への説明や協議、提案
⑦ 行政、地域、民間の間の連絡調整、コーディネート
⑧ 前各号に掲げるもののほか、事業の実施にあたり委員会が特に必要と認める事項
4 募集対象 (1) 地方自治法施行令第167条の4に規定する者に該当しない方
(2) 須坂市プロジェクトマネージャー設置要綱第5第2号アに該当する方
(3) 普通自動車免許を有する方
(4) パソコンの一般操作(ウェブ閲覧、メール送受信、ワード、エクセル等)が操作できる方
5 応募に対する希望条件 40歳代~60歳代の方で以下に該当する方
(1) 本事業と同様の事業において責任者として従事した経験がある方
(2) 地域の人と連携して地域を活性化する活動に興味がある方
(3) 誘客促進活動に興味のある方
(4) 須坂市及び須坂市の文化に興味を持ち事業に要素を取り入れていける方
6 勤務日数及び勤務時間 勤務日:須坂市会計年度任用職員の勤務時間・休暇等に関する規則(令和元年規則第18号)の定めるところによる
活動時間:8時30分から17時15分(1日7時間45分) (時間外の業務が発生する場合があります)
7 任用形態及び期間 (1) プロジェクトマネージャーの身分は、地方公務員法(昭和25年法律第 261号)第22条の2第1項第2号に掲げる職員とします。
(2) 初年度の活動期間は活動開始日から2022年3月31日までです。 次年度からは年度毎に再任用できるものとし、最長3年間とします。
(3) 須坂市職員及びプロジェクトマネージャーとしてふさわしくないと判断した場合は、任用期間中であってもその職を解くことができるものとします。
8 報酬 月額 400,000円
9 待遇及び福利厚生 (1) プロジェクトマネージャーの住居に関する費用(家賃、敷金、礼金、管理共益費等)は、プロジェクトマネージャー負担とします。
(2) 社会保険、厚生年金、雇用保険に加入します。ただし、個人負担金額については、プロジェクトマネージャー負担とします。
(3) 引越しに必要な経費については、プロジェクトマネージャー負担とします。
(4) 光熱水費については、プロジェクトマネージャー負担とします。
(5) 期末手当の支給があります。(12月)
(6) 通勤手当の支給があります。
(7) 時間外手当の支給があります。
10 応募手続き (1) 応募受付期間 随時募集
随時郵送で受け付けます。ただし適任者が見つかり次第、募集を打ち切ります。
応募にあたっては、須坂市を1回以上は訪れ、地理、自然、産業、観光、文化、まるごと博物館を構成する要素など十分理解を深めたうえで応募すること。
なお、その際の交通費等の経費は応募者の負担とします。
(2) 応募方法
上記期日までに募集要項に記載されている必要書類を郵送にて提出してください。
※応募用紙[Excel]
11 選考 (1) 第1次選考(書類選考)
(2) 第2次選考(面接)


詳細は「須坂市プロジェクトマネージャー募集要項」をご覧のうえ、ご応募ください。
須坂市プロジェクトマネージャー募集要項(PDF)

募集内容に関する問い合わせ、募集書類の送付先

 〒382-8511長野県須坂市大字須坂1528-1
須坂市文化スポーツ課(課長:田中賢一 担当者:峯村清一)
電話 026-248-9027
E-mail:bunkasports@city.suzaka.nagano.jp
 

その他

【関連資料】
(別紙2)2021年度地方創生推進交付金実施計画【2020年度開始事業】(PDF)
「長野県須坂市地域再生計画」(第55回認定)(PDF)
須坂市人口ビジョン、まち・ひと・しごと創生総合戦略(該当ページに移動します)
「須坂市第六次総合計画」(該当ページに移動します)
「『まるごと博物館構想』を核とした『人』・『地域資源』で紡ぎだすまちの元気創出事業」事業戦略(PDF)
「『まるごと博物館構想』を核とした『人』・『地域資源』で紡ぎだすまちの元気創出事業」ブランド戦略骨子(PDF)
推進委員会規約(PDF)
須坂市プロジェクトマネージャー設置要綱


【参考】
◆信州須坂まちの元気創出推進委員会について(2020年7月30日設立)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

国の地方創生推進交付金を活用し、2020年度から2022年度までを計画期間とする「『まるごと博物館構想』を核とした『人』・『地域資源』で紡ぎだすまちの元気創出事業」を実施する事業主体として2020年7月30日に設立されました。
本事業は、市域にあるあらゆる文化財に着目し、「建物の中で展示物を見る」という博物館のイメージから脱却し、市域全体を博物館と捉えて、それらを通じて文化を学ぶ仕組みである「まるごと博物館構想」を推進することで、文化振興と市民の地域に対する愛着醸成(=文化振興事業)、人の流れを市内に循環させること(=回遊促進事業)、観光消費額の増加と新たな雇用創出を生み出し(=産業振興事業)、まちの元気を創出することを目指しています。
委員会は須坂市内の各組織で構成され、下部組織として3部会(文化振興部会、回遊促進部会、産業振興部会)を設置し、各部会で検討したものを委員会で審議・決定するという構成になっています。
 
【委員会組織団体】(順不同)
須坂市文化振興事業団 須坂市観光協会 須坂商工会議所 須坂青年会議所 JAながの  須高食品衛生協会 須坂旅館組合 須坂景観づくりの会 須坂市立博物館ボランティア 信州須坂紙芝居のさとプロジェクト 須坂市文化芸術協会 須坂市社会教育委員会議 須坂市

「まるごと博物館構想」を核にした「人」・「地域資源」で紡ぎだすまちの元気創出事業(該当ページに移動します)

◆まるごと博物館について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
須坂市は、まちの多様な文化が人を育てるという認識のもと、市域に豊富に存在する有形文化財、無形文化財、史跡、天然記念物といったあらゆる文化財に着目し、これらの文化的資源の最大限の活用を図ります。このために、従来の「建物の中で展示物を見る」という博物館のイメージから脱却し、市全域を博物館と捉え、市域のあらゆるところで文化財に触れ、それらを通じて地域の文化を学ぶことのできる仕組みが「まるごと博物館」です。
まるごと博物館は、各所に点在する文化財が他の文化財・文化施設・民間博物館等施設と、テーマやストーリー性をもってつながり、更に観光資源やまちの駅、市民と交流できる場所なども含めて構成します。

◆機能分散型総合博物館について
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「まるごと博物館」を実現するため、市立博物館をはじめとする市内6施設の持つ博物館的機能を統合したうえで各施設の特徴・立地条件を生かして、その性格・目的を明確にし、全体として一つの「総合博物館」となるよう再構築します。
詳しくは「須坂市立博物館基本計画」をご覧ください。
「須坂市立博物館基本計画」(PDF)
(最終更新日:2021-06-29)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 文化スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1