ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

須高地域感染症発生情報

この情報は須高地域の幼稚園・保育園・認定こども園・小学校・中学校・支援学校等が入力する「感染症情報収集システム」により集計しています。

更新日の前日(園、学校が休みの場合は、休日の前日)が最新集計データとなります。

*園、学校が休みの場合はデータ入力されないので、カウントしていません。

*学級閉鎖等による欠席者の人数は含まれていません。


●沖縄県で麻しん(はしか)患者が増えています(平成30年4月5日更新)●

 沖縄県保健医療部の発表等によると、先月3月17日から沖縄本島内へ観光で観光で訪れていた台湾在住の30代男性が3月23日に麻しんを発症し、その後、男性と接触した成人等へ感染し、4月4日の段階で合計18人になったと発表しました。
 罹患した18人は0歳~40代で、台湾在住の30代男性が利用した那覇市内のホテルや大型商業施設、中部地区の飲食店などで感染が広がったとみられています。
 沖縄県ではさらに感染が拡大し流行の兆しが見られるとして、県の対応ガイドラインに基づき、発生状況を初となる最高レベルの3に引き上げています。
 特に乳幼児が麻しんにかかると重症化しやすく、沖縄県内では1999~2001年の流行時に0~3歳の9人が亡くなっています。
 沖縄県保健医療部は、同県発行の報道提供資料等を参考に、該当する地区へ行かれた方で、健康観察期間中に発熱、発疹等の症状が現れた場合は、必ず事前に医療機関に「麻しんかもしれない」ことを連絡のうえ、医療機関の指示に従い受診してほしいと呼びかけています。

●須高地域における感染症流行傾向表について(平成29年9月29日更新)●

 多くの子どもが罹患する感染症について、初妊婦さんや子育て中の親御さんなどに、過去、それぞれ何月に、どのような感染症が流行したかという情報をお伝えできるよう、年ごとの感染症流行傾向表を公表しています。(最新情報は2016年です。)
 県内という広い範囲ではなく、須高地域内の情報を確認できますので、予防活動等にどうぞご活用ください。

 詳しくは「須高地域の感染症に関する週報・特集」ページをご覧ください。

●感染症情報(平成30年5月25日現在)●

 

●学級閉鎖等情報(平成30年5月25日現在)●

学級閉鎖等のお知らせは、ありません。

◆感染症情報サイト◆

平成29年度インフルエンザQ&A(厚生労働省ホームページ)

国立感染症研究所ホームページ

長野県ホームページ

(最終更新日:2018-05-25)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
TEL:026-248-9018
FAX:026-251-2459
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1