ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

インフルエンザ予防対策にご協力ください

令和5年11月8日、長野県内に「インフルエンザ警報」が発表されました。1999年4月の調査開始以降、最も早い発表です。

しばらくの間は流行の継続が懸念されています。医療現場のひっ迫を回避するためにも、以下の予防対策に留意していただくようお願いいたします。

なお、インフルエンザワクチン接種もご検討ください。

インフルエンザ発生状況

長野県内の状況

インフルエンザ情報(季節性インフルエンザ)(長野県のページ)

全国の状況

インフルエンザ(総合ページ)(厚生労働省のページ)

須高地域の状況

須高地域感染症発生情報

みんなで予防!インフルエンザ

冬の感染対策のポイントと受診・健康相談

  • 基本的な感染対策として、定期的な換気の実施、手洗い等の手指衛生は引き続き有効です。
  • マスクの着用は、個人の判断が基本ですが、重症化リスクが高い高齢者等への感染を広げないよう、その場に応じた着用を検討してください。 特に、受診時や医療機関・高齢者施設等を訪問する際はマスクを着用しましょう。
  • 発熱等の症状がある場合で受診を希望される場合は、事前に医療機関に連絡してください。

海外旅行に出かける方へ

海外旅行に出かける際には感染症にご注意を(長野県)

インフルエンザとかぜの違い

特徴 インフルエンザ かぜ
感染力 人から人へ急速に拡がる。 だらだらと拡がることが多い。
症状 ・38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛等、全身症状が突然現れる。
・併せてのどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られる。
・発熱はインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりない。全身症状もあまり見られない。
・のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心。
経過 急激な高熱で発症する。 ゆっくりと経過する。

咳エチケット

  • 咳やくしゃみをする場合は、ハンカチやティッシュ等で口を覆い、周囲の人に飛沫を浴びせないようにしましょう。
  • ハンカチやティッシュ等がない場合には、手のひらではなく、ひじの内側で口を覆ってください。
    (手に咳やくしゃみによる飛沫が大量に付着した場合は、すぐに流水・石けんで手を洗いましょう。)
  • 咳やくしゃみが出る場合は、最初からマスクをしましょう。

内閣府の政府広報オンライン

インフルエンザの感染を防ぐポイント「手洗い」「マスク着用」「咳(せき)エチケット」

手洗い

  • 石けんは固形よりも液体がよいです。(固形にはウイルスが付きやすい。)
  • 石けんを速やかに泡立て、10秒以上かけてしっかり洗いましょう。
  • 手を拭くタオルなどは共用しないようにしましょう。

流行前のワクチン接種

  • インフルエンザワクチンは、麻疹ワクチンのように感染後の発病阻止効果が必ずしも高くはありませんが、ある程度の発病 阻止効果と重症化予防効果があります。
  • ワクチン接種は、感染後の発症者数、発症後の重症化数を大幅に減らすことが期待できる唯一の予防方法です。
    注意:インフルエンザウイルスに感染していても、症状のない不顕性感染例や、典型的な症状を呈さない軽症例も存在するため、日頃から全員が上記について十分注意して実行することが重要です。

2023年度のインフルエンザ予防接種について

高齢者インフルエンザ定期予防接種

接種期間

2023年10月2日(月曜日)から2024年1月31日(水曜日)

対象

  • 接種日に65歳以上の方
  • 接種日に60歳以上65歳未満で、心臓、腎臓・呼吸器またはヒト免疫不全ウイルスの疾病により障害者手帳1級相当の方

自己負担

1,200円(1人1接種限り)

予診票について

  • 須高医師会に所属する実施医療機関へは予診票を備え付けてあります。
  • 須高医師会に所属する医療機関以外で接種する方は、事前に健康づくり課に予診票を受け取りに来てください。

実施場所

須高医師会に所属する、高齢者のインフルエンザ予防接種実施医療機関のページをご覧ください。
対応していない医療機関もあります。必ず、事前に確認・予約をしてください。

子どもインフルエンザ予防接種費用の一部を助成します

接種期間:2023年10月2日(月曜日)から2024年1月31日(水曜日)

対象:生後6か月から中学3年生までの方(2008年4月2日から2023年8月1日生まれの方)

助成金額:1,200円(1接種につき)


 

市民税非課税世帯の方、生活保護受給者世帯または中国残留邦人等の円滑な帰国の促進ならびに永住帰国した中国残留邦人等および特定配偶者の自立の支援に関する法律による支援給付対象者は、全額助成とします。
該当される方は、接種する前に健康づくり課(6番窓口)で予防接種費用助成証明書の交付を受け、接種時、医療機関に証明書を提出してください。

ただし、接種を受ける方と別世帯の方が申請をされる場合は委任状(健康づくり課の定める様式)が必要となります。

申請委任状ダウンロード

インフルエンザワクチン予防接種費用助成証明書発行の申請委任状【PDF形式:86KB】

※須高医師会に所属する医療機関以外で接種を受ける方は、医療機関が定める接種料金を、窓口で一旦全額お支払いいただき、後日、助成金の交付申請を行ってください。

通知と予診票について

  • 市内の小学校・中学校に通学している児童・生徒には学校から配布
  • 市外の小学校・中学校に通学している児童・生徒・市内に住所を有している未就学児には郵送

実施場所

子どものインフルエンザ予防接種実施医療機関のページをご覧ください。

対応していない医療機関もあります。必ず、事前に確認・予約をしてください。

注意事項

原則、保護者の同伴が必要です。

13歳以上の方で、保護者が予診票の記載事項を読み、理解し、納得して1人で予防接種を受けさせることを希望する場合には、インフルエンザ予防接種保護者同意書に保護者自らが署名することによって、保護者が同伴しなくても予防接種を受けることができます。(13歳未満の方は、必ず保護者の同伴が必要です。保護者が同伴できない場合は同伴する親族への委任状が必要です。)

委任状・同意書ダウンロード

インフルエンザ予防接種保護者委任状・保護者同意書【PDF形式:466KB】

(最終更新日:2024-01-09)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
TEL:026-248-9018
FAX:026-251-2459
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1