ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

再拡大防止のために、基本的な感染対策を続けましょう

 感染力の強いオミクロン株BA.5系統への置き換わりにより、県内では連日、過去に経験のない人数の新型コロナウイルスの新規陽性者が確認されており、医療面でも特に休日の外来受診などに時間を要する状況が続いています。
 お盆期間中の帰省等、普段会わない方と会う機会が増える時季かと思います。「新型コロナ第7波における県民の皆様へのお願い」に沿った行動、須高地域を含む長野圏域の感染警戒レベルがレベル5となっておりますので、「感染警戒レベル5の圏域の皆様へのお願い」にご協力をお願いいたします。

 屋外で近距離(2m以内程度)での会話をしない場合には、熱中症対策のためマスクを外しましょう。いつでも付けられるよう外出の際、マスクは携帯してください。
  長野県『マスク着用についての目安
  長野県『「マスク着用についての目安」に関する Q&A(2022年6月30日時点)
  厚生労働省『屋外・屋内/子どものマスク着用についてのリーフレット

 長野県では、2022年8月31日(予定)まで、感染リスクが高い環境にある等の理由により、感染の不安を感じる無症状の県民の皆様がどなたでも受けられる無料検査を実施しています。必ず検査実施機関に電話で、検査可能か確認してください。
 お申込方法や実施機関につきましては、県ホームページよりご確認ください。須坂市内の実施機関はこちらからもご確認いただけます。
 

やっているつもりは要注意!

こんな時ありませんか? 適切な感染対策
マスクを外しての会話
(休憩時や食事をしながら等)
◎会話の際は必ずマスクを着用 参考動画:厚労省『正しいマスクのつけ方
※ウイルスは目・鼻・口から入ってくるため、マスクは顔との隙間がないように着用し、鼻もしっかり覆いましょう

◎できるだけ不織布マスクを着用
 
マスクをしていても換気が不十分
(会話しながらドライブや換気が出来ない場所にいる)
こまめな換気を心がける(30分に1回以上、数分間程度窓を全開)
※職場(会議室)や教室(部屋)、自動車の中など、常に換気を意識しましょう。
※雨の日や冷暖房時も、窓の開放や換気扇によって換気しましょう。

換気が不十分な空間は避ける
車中は「密閉」かつ「密接」になりがちです。エアコンによる外気モードや窓を開けての換気だけでなく、マスクを着用して会話を控えめにするなど、(飛沫)対策をしましょう。
※「密接」「密集」「密閉」の1つでも避け、ゼロ密を意識しましょう。
マスクをしていても距離が近い、声が大きい
(つい盛り上がって、親しい友人だから、周囲がうるさくて)
マスクをしていても隙間から飛沫が出ることがあるため、最低1メートルの距離を確保するよう心がける

人と会う機会をなるべく減らし、会う時は距離を取り、短時間にしましょう。※特に65歳以上の高齢者、基礎疾患のある方はいつも会う人と少人数で会う等、感染リスクを減らしましょう。

◎外出の際は混雑した場所を避け、普段会わない方と会う時は特に慎重な対応をしましょう。
体調が悪いがこれくらいは平気?
(のどが少し痛いけど熱はない、怠いけど登校・出勤・旅行等)
◎発熱やせきに限らず、のどの違和感や鼻水など、体調が優れない場合は、早めにかかりつけ医等にまずは電話で相談を
<相談先>
◆かかりつけ医 ※各医療機関の情報は須高医師会ホームページよりご確認いただけます。
◆かかりつけ医などを持たない方や土・日・祝日、夜間など、相談先に迷った場合は、「受診・相談センター」
◆電話での相談が難しい方(聴覚に障がいをお持ちの方等)は、FAXでの相談窓口※有症相談には専用の様式をご利用ください。
※早期発見、早期対応が重症化予防と感染拡大防止につながります。

◎同居の方に体調不良の方、濃厚接触者等がいる場合には、家庭内でもお互いにマスクをするなど十分注意しましょう。

◎感染リスクが高い環境にある等の理由により、症状はないが感染の不安を感じる方無料検査を受けましょう。
手洗い・手指消毒が不十分
(水だけで手洗い、濡れた手で・片手だけ消毒等)
◎適切なタイミング・方法で 参考動画:厚労省『正しい手の洗い方
ごはんを食べる前調理前・調理中・調理の後咳・くしゃみをしたり鼻をかんだ後トイレの後動物と触れ合ったり世話をした後外出した後
※食事前など、手が目・鼻・口に触れる可能性を意識して、手洗いや手指消毒を!※手指消毒のアルコールは、しっかり1プッシュした量が、十分な消毒に必要な量です。
手荒れしたところには菌が残りやすいので、ハンドクリーム等で保湿しましょう。
※職場や共同生活の場でタオルなどの共用も避けましょう。
感染リスクの高い場面や場所 ◎「他の人がマスクを外しているから自分も外してしまう」「感染対策をしていないお店に行く」など感染リスクが高い行動は避け、周りの状況に左右されず、ひとりひとりの感染対策で、自分の身体は自分で守る

◎65歳以上の高齢者、基礎疾患(呼吸器疾患や心血管疾患、糖尿病、肥満(BMI:30以上)、高血圧、喫煙など)があるなど重症化リスクが高い方やワクチン未接種の方は特に注意しましょう。

<参照>

長野県ホームページ『やってるつもりは要注意!こんな時ありませんか?
政府インターネットテレビ『2022 基本的な対策の着実な実施

 地域間の往来(帰省、旅行、出張など)

 感染の再拡大に備えるため、帰省・旅行・出張等の前に確認していただきたいことを以下の表にまとめました。
出発の前に……
基本的な感染防止対策(マスクの正しい着用・人との距離≪マスクを着用していても最低1m≫の確保・こまめな手洗い・手指の消毒・十分な換気等)の徹底

ワクチン接種の推奨 ※健康上の理由等で受けられない方へは検査の実施を推奨
 ワクチンの効果と副反応を知ったうえで、ワクチン接種のご検討をお願いします。

◎大人数での会食等感染リスクが高い行動を控え、体温や行動歴(時間や場所)をメモしておく

目的地の感染対策の情報を事前に調べておく

体調が悪くなった時の対応を事前に考えておく

◎県外への訪問は慎重に検討し、訪問される場合は、基本的な感染防止対策の徹底やリスクの高い行動を控えるなど慎重な行動を
来訪中は…… ◎お土産を選ぶ時など、物に触るのは必要最低限にする

◎混雑を避け、列に並ぶ時は前の人と距離をとる

◎行政や施設の感染防止対策を確認し、協力する

◎お店や施設に入る時だけではなく、出るときにも手洗い・手指消毒をする

◎旅先の写真と一緒に行動歴(時間や場所)をメモしておく

◎旅行中に体調に異変を感じた場合はすぐ医療機関・保健所へ連絡する
※長野保健福祉事務所:026-225-9305
帰ってきたら…… ◎帰ってからも健康チェックを続け、体調に異変を感じた場合は医療機関へ相談する

◎帰ってきてからの行動歴(時間や場所)もメモしておくと安心
 <参照>

信州版❝新たな会食❞のすゝめ

 安心して飲食を楽しむために、会食の際に気を付つけていただきたいことを以下の表にまとめました。
 自宅での実施を含め、会食(人が集まって食事をする)については、基本的な感染防止対策の徹底と「新たな会食のすゝめ」を守り、万全の対策を行ってください。
食マエ ~準備は入念に~ ◎開催時期や参加人数は適切か確認する

◎「信州の安心なお店」など感染対策のとれているお店を選ぶ ※感染拡大防止ガイドラインを遵守していない飲食店の利用は控えましょう。

◎メンバーの体調や行動履歴(県外出張や感染者との接触など)を確認する

◎不安な場合は参加しない、させないようにする

◎地域の感染状況や対策の内容を確認する
食ナカ ~感染予防をして楽しもう!~ ◎お店の安全対策や従業員の指示に従う

◎基本的な感染防止対策(手洗いや消毒、換気など)をする

◎出来るだけ個室を選んだり他のグループとの間隔を空ける

◎出来るだけ少人数で黙食を基本とし、会話の際はマスク着用を徹底する

◎大声での会話や長時間(概ね2時間超)の利用は控える

◎他のグループとの交流はやめる

◎お酌や回し飲み、箸などの使いまわしはやめる
《食ナカの❝会話❝ポイント》
大切なことは、飛沫を飛ばさない!飛沫の範囲内に入らない!
① 飛沫防止パネル越しに話す(食事前に飛沫防止パネルがあるか確認してみる)
② 相手とは1m以上あけて、座るときは真正面を避ける
③ 困難な場合は「マスク会食」か「黙食」を!
食アト ~フォローまでしっかりと~
◎帰宅後、手洗い・うがい・入浴・着替えをする

◎1週間程度は健康チェックをする
 <参照>

参考リンク

◇厚労省ホームページ『新型コロナウイルス感染症特設ページ
◇内閣官房ホームページ『新型コロナウイルス感染症の対応について
◇文科省ホームページ『新型コロナウイルスに関連した感染症対策に関する対応について
◇長野県ホームページ『新型コロナウイルス感染症対策 総合サイト
(最終更新日:2022-08-04)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課 地域医療福祉ネットワーク推進室
TEL:026-248-9101
FAX:026-248-9101
所在地:須坂市大字須坂1391番地(須高医師会館)