ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

2021年GW中、旧園里学校(園里郷土資料館)を臨時開館します

実施日等2021年04月29日~2021年05月09日

2021年春の大型連休中、旧園里学校(園里郷土資料館)を臨時開館します

普段、原則として平日のみ開館の「旧園里学校(きゅうそのさとがっこう)」について、2021年春の大型連休中の土・日・祝日に臨時開館します。
市指定有形文化財の歴史ある建物と、内部で展示している豊富な郷土の歴史資料を、この機会に是非ごゆっくりご覧ください。
期日 2021年
4月29日(木・祝)、5月1日(土)、5月2日(日)、5月3日(月・祝)、5月4日(火・祝)、5月5日(水・祝)、5月8日(土)、5月9日(日)

※平日は通常通り開館します。平日に内部見学をご希望の方は、旧園里学校隣の「豊丘地域公民館」にお声かけください(午前9時~午後4時)。
時間 午前9時~午後4時
入館料 無料(協力金箱設置)
住所 長野県須坂市大字豊丘1076番地
申込み 不要
※新型コロナウイルス感染症拡大予防のため、マスクの着用をお願いします。また、以下に記載の取り組みについてご協力をお願いします。
問合せ 須坂市文化スポーツ課(026-248-9027)・豊丘地域公民館(026-245-9768)
【新型コロナウイルス感染症拡大予防のための取り組み】
(1)37度4分以上の熱がないかを確認します
(2)2週間以内に海外渡航していないかを確認します
(3)来館者名簿(名前・住所・連絡先)を作成します ※名簿は3週間後に廃棄します
(4)5名程度での分散見学を依頼します
(5)手指の消毒を依頼します
(6)マスクの着用を依頼します
 旧園里学校外観旧園里学校外観
内部12階:教室復元展示室
内部32階:寺子屋、学校教材 展示室
内部21階:土間、囲炉裏 展示室
内部41階:座敷、養蚕 展示室
旧園里学校パンフレット【PDF形式1.34MB】※新しいタブが開きます

旧園里学校(須坂市指定有形文化財)

園里学校の起源は、明治6年(1873)に小山村(現 須坂市大字小山)の止善学校(しぜんがっこう)の支校が灰野村(現 須坂市大字豊丘)の地蔵堂に開校したことに始まります。同10年(1877)にこの地蔵堂が焼失したことを機に、同11年(1878)に平屋建て40坪の校舎が新築されました(この建物は昭和37年(1962)に取り壊されています)。同12年(1879)には止善学校から分離し競進学校と改称、さらに同15年(1882)に園里村立園里学校と改称されました。同16年(1883)、児童数の増加で校舎が手狭になったことにより、二階建ての新校舎(現在の建物)が新築されました。
現在の姿は平成3年(1991)から2年かけて当時の姿に復元修理したものです。上下式の窓、隅石、六角形の太鼓楼を乗せた玄関ポーチなどがあり、明治時代前期の擬洋風建築としての特徴を今日に伝えています。
平成5年(1993)に須坂市指定有形文化財に指定。同29年(2017)に内部を展示室として活用した「園里郷土資料館」が開館しました。
s24豊丘村役場として使用されていた当時の旧園里学校【昭和24年(1949)】
 
(最終更新日:2021-04-21)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 文化スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1