ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

新型コロナワクチン接種に関する情報

更新日:2023年1月16日

お知らせ

2022.12月号広報須坂2022年12月号 新型コロナワクチン接種について
(2023年1月~集団接種会場が「くつろぎ荘」へ変更になります)
市報2023.1月号広報須坂2023年1月号 新型コロナワクチン接種についてNew!

長野県会場のオミクロン株対応ワクチン接種について
 追加接種(3・4・5回目)を実施しています。(武田/モデルナ社オミクロン株対応ワクチン
 生徒・学生の皆さまとそのご家族等へのオミクロン株対応ワクチン接種のすゝめ:長野県(PDF:207KB)
 11歳以下のお子様(乳幼児・小児)のご家族等への新型コロナワクチン接種のすゝめ:長野県(PDF:221KB)

ワクチンの種類にかかわらず、その時に接種できるワクチンで、できるだけ速やかな接種をご検討ください。

2022年11月8日から、3回目以降の接種として、2022年11月8日以降【武田社(ノババックス)の従来ワクチン(1価)】の接種が可能になりました。
 須坂市の集団接種実施日程を更新しましたNew!
 
■転入・転出による接種券の取扱いについて
転入・転出をされる(された)方は、「接種日時点で住民票がある市区町村から発行された接種券での接種」となりますので、ご注意ください。

目次(カテゴリ)

追加接種(3回目以降)リンクボタン
【1月16日更新】
オミクロン株対応ワクチン
2回目接種から3か月以上経過した方が対象
5歳~11歳小児接種リンクボタン
【12月2日更新】
5歳~11歳の小児ワクチン接種について
生後4か月~4歳乳幼児接種リンクボタン
【1月18日更新】
生後6ケ月~4歳の乳幼児ワクチン接種
1回目の接種を希望する方はこちら
5歳の誕生日を迎える方以外で接種(1回目)を希望する方
住所地外での接種について
住民票所在地外で接種したい方
長野県会場での接種について
県が設置している接種会場
1・2回目接種、追加接種(3回目以降)
接種券について
再発行・予診票など
接種証明書について
ワクチンパスポート
新型コロナワクチン接種証明書アプリ
コンビニ交付
タクシー乗車利用券の給付について
【11月15日更新】
須坂市在宅福祉利用券給付事業
副反応について
副反応・症状・相談窓口
よくある質問
よくある質問
ワクチンの種類について
厚生労働省や県からのワクチン接種に関する資料・チラシ(PDF一覧)
相談窓口
相談・問い合わせ
健康被害の救済について
予防接種健康被害救済制度
人権への配慮について
接種の強制や差別などは許されません

接種の同意について

新型コロナワクチンの接種は、強制ではありません。接種を受ける方の同意がある場合に限り接種が行われます。
現在、何かの病気で治療中の方や、体調など接種に不安がある方は、かかりつけ医等とご相談の上、ワクチン接種を受けるかどうかご判断ください。
なお、新型コロナワクチンとそれ以外のワクチン(インフルエンザワクチンを除く)は、同時には接種できません。 新型コロナワクチンとその他のワクチンは、互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種可能です。

1回目の接種

2022年5月25日から、18歳以上の方は武田社ワクチン(ノババックス)が接種可能になりました。
2022年7月22日から、武田社ワクチン(ノババックス)での初回接種(1・2回目接種)の対象者が、「18歳以上」から「12歳以上」に引き下げられました。

須坂市の接種会場はこちら(終了しました。県会場をご利用ください)
武田社の新型コロナワクチン(ノババックス)について(厚生労働省ホームページ)
武田/ノババックスワクチン 長野県会場での接種(長野県ホームページ)

12歳以上の方で、新たに1回目の接種(ファイザー社ワクチンまたは武田/モデルナ社ワクチン)を希望される方は、須坂市新型コロナワクチンコールセンターへご連絡ください。
  • 須坂市新型コロナワクチンコールセンター 0120-567-096(受付時間:平日午前9時~午後5時) 
5歳~11歳の接種は「小児(5歳~11歳)の新型コロナワクチン接種」をご覧ください。

接種費用

無料(全額公費)

1回目・2回目の接種券

「接種券」は接種対象者であることを確認するために必要な券で、予約時、接種時に使用します。
接種券全体がシールになっています。剥がしたり切り離したりせず、接種当日、そのままお持ちください。
2回目の接種にも必ずお持ちいただき、接種後も大切に保管してください。

1回目・2回目の接種券(シール)イメージ画像
コロナワクチン接種券シールイメージ画像

接種券を紛失した場合

ご本人様から須坂市コロナワクチンコールセンターへご連絡ください。(0120-567-096)

「接種券発行申請書」に必要事項を記入の上、須坂市健康づくり課に提出してください。
再発行の手続きが完了次第、お送りします(1週間~10日程度かかります)。

【提出先】
〒382‐8511
須坂市大字須坂1528番地の1
須坂市新型コロナウイルスワクチン接種推進室

予診票について

「予診票」はワクチン接種の判断をするために必要な用紙です。記入の上、接種時にお持ちください。
予診票の右上に(クーポン貼付)とありますが、接種券(クーポン)は、貼らずにお持ちください。
 

住所地外での接種

届出が必要な方

住民票所在地が須坂市以外の方で、以下の理由により須坂市で接種を希望する方は、届出を提出してください。
【1・2回目接種】、【追加接種】をご希望の方は その都度 お手続きください。
 
  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 単身赴任者
  • 下宿している学生
  • DVやストーカー行為、児童虐待等の被害者
  • その他市長が認める方

【届出方法】
「住所地外接種届出」に必要事項を記入の上、「住民票所在地の接種券の写し」を添えて、須坂市健康づくり課へ提出してください。

  
  • 住民票所在地の接種券の写し(コピー)
  • 【追加接種を希望する方】これまでの接種記録がわかるものの写し(コピー)
 

【提出先】
〒382‐8511
須坂市大字須坂1528番地の1
須坂市新型コロナウイルスワクチン接種推進室

届出が不要な方

  • 入院、入所者
  • 基礎疾患を持つ者が主治医の下で接種する場合
  • 災害による被害にあった方
  • 拘留または留置されている者・受刑者
  • 市内個別接種実施医療機関で接種する方

ワクチン接種に係るタクシー乗車利用券の給付

重度要介護者や重度心身障がい児・者で須坂市在宅福祉利用券給付事業のタクシー乗車利用券の給付対象者となる方に、ワクチン接種に係る移動費の助成のため、通常の利用券と色の異なる専用のタクシー乗車利用券を追加給付します。
すでに今年度、他の利用券の給付申請をした方で、タクシー乗車利用券の給付申請をしていなかった方も追加で申請ができます。(自動車税および軽自動車税の減免を受けている方は対象外です。)

(以下、2022年11月15日追加)

(1)3、4回目接種用利用券の有効期限の延長について

  • ワクチンの追加接種(3、4回目接種)の実施に伴い、追加のタクシー乗車利用券を給付しました。有効期限は当初、接種時期を勘案し、令和4(2022)年9月30日としていましたが、期間が延長されたため、『令和5(2023)年3月31日』まで使用可能としています。
  • 既に発行済の利用券との交換はしませんので、有効期限を読み替えのうえ、お送りした利用券をそのままお使いください。

(2)オミクロン株対応ワクチン接種の実施に伴う追加給付の実施について

  • オミクロン株対応ワクチン接種の実施に伴い、追加のタクシー乗車利用券を給付します。
  • オミクロン株対応ワクチン接種の際には原則、本利用券(重度要介護者:白色、重度心身障がい児・者:もえぎ色)をご使用ください。
  • 全国的に今後の追加接種は、オミクロン株対応ワクチンを使用して実施されるため、新規でタクシー乗車利用券の給付対象になる方への追加給付分は原則本利用券のみとなります。
タクシー乗車利用券の色(参考)
利用券種類 重度要介護者 重度心身障がい者・児 券の有効期限
2022年度通常の券 サーモン色 オレンジ色 令和5(2023)年3月31日
3回目接種用の券 水色 藤色 令和5(2023)年3月31日まで使用可能(有効期限延長)
4回目接種用の券 ねずみ色 クリーム色 令和5(2023)年3月31日まで使用可能(有効期限延長)
オミクロン株対応ワクチン接種用の券 白色 もえぎ色 令和5(2023)年3月31日まで
須坂市在宅福祉利用券給付事業については下記をご参照ください。

タクシー乗車利用券(在宅福祉利用券給付事業)

副反応

ワクチン接種後の副反応の対処方法チラシ 厚生労働省作成 ワクチン接種後の副反応の対応方法【PDF形式:1,829KB】

相談窓口

須坂市新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチンに関する一般的な問い合わせ、接種についての問い合わせなど
受付時間:平日の午前9時~午後5時
  • 0120-567-096(フリーダイヤル)

長野県 相談窓口

●どこに問い合わせすればいいかわからない方
お困りごと相談センター 026-235-7077 午前8時30分~午後5時15分(土日・ 祝日・年末年始除く)

●「ワクチン接種相談センター」
 新型コロナワクチンに関する専門的な問い合わせ(ワクチンの効果、副反応等)
  • 026-235-7380 受付時間:24時間(無休)
 <言語・聴覚に障がいのある方など、電話での相談が難しい方はFAXで相談ください>
    長野県:新型コロナワクチンに関する相談窓口

    がいこくのみなさまはこちら(Foreign Language)
 

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

新型コロナワクチンに関する総合的な問い合わせ
  • 0120-761-770 受付時間:午前9時~午後9時

予防接種健康被害救済制度

一般的に、ワクチン接種では、副反応による健康被害(病気になったり障害が残ったりすること)が、極めて稀ではあるものの、なくすことができないことから、救済制度が設けられています。
救済制度では、予防接種によって健康被害が生じ、医療機関での治療が必要になったり、障害が残ったりした場合に、予防接種法に基づく救済(医療費・障害年金等の給付)が受けられます。
新型コロナワクチンの接種についても、健康被害が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。
救済制度の内容については以下をご覧ください。
 

人権への配慮

体質や持病など、さまざまな理由で、ワクチン接種を受けることができない人もいます。
ワクチン接種は強制ではなく、感染予防の効果と副反応のリスクの双方について理解したうえで、自らの意思で接種を受けていただくこととなります。
接種をしていない人に対して、接種の強制や差別、いじめ、職場や学校での不利益な取り扱いは決して許されるものではありません。
一人ひとりがお互いを思いやり、人権が尊重されるまちづくりにご協力をお願いします。

もしもワクチン接種に関して誹謗中傷や差別的な取り扱いを受けたり、見聞きした場合は、下記までご相談ください。
新型コロナ 誹謗中傷等被害相談窓口

よくある質問(Q&A)

参考

 
(最終更新日:2023-01-18)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
TEL:026-248-9018
FAX:026-251-2459
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1