ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

【新型コロナウイルス感染症】自立支援医療(更生医療)の受給者証の有効期間の延長について

新型コロナウイルス感染症の拡大防止を踏まえ、更新申請のために診断書等の取得のみを目的とした受診を回避するため、厚生労働省により児童福祉法施行規則等の一部を改正する省令が施行され、自立支援医療(更生医療)の支給認定の有効期間の延長措置が講じられました。
 

延長の対象となる方

自立支援医療(更生医療)受給者証に記載されている有効期間(期限)が、令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に満了する方
 

受給者証の取り扱い

  • 有効期間は一律に1年間延長しますので窓口での申請手続きは不要です。
  • 今回の延長により、新しい受給者証は発行しませんので現在お持ちの受給者証を引き続きご利用ください。
 

その他

  • 受給者証の記載事項に変更が生じた場合(住所や氏名、医療機関、社会保険等)は、従来通り申請手続きが必要になります。
  • 紛失の場合の再発行手続きについても従来通りです。
 

指定医療機関の皆様へ

対象支給認定受給者が受診した際に、有効期間が切れた受給者証を提示された場合は、有効期間を1年延長したものと読み替えてご対応願います。

 
(最終更新日:2020-05-20)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 福祉課
TEL:026-248-9003
FAX:026-248-7208
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1