ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

【新型コロナウイルス感染症】自立支援医療(精神通院)の受給者証の有効期間の延長について

新型コロナウイルス感染症の影響をふまえた公費負担医療の取扱いについて

治療の観点から急を要さない診断書の取得等のみを目的とした受診を回避する必要があることから、自立支援医療の支給認定について、全国の受給者を対象に、有効期間を1年間延長する旨が定められました。

対象:令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に有効期間が満了する方

5月以降、受給者証の更新申請は不要になりますので、ご承知おきください。(現在お使いの受給者証についてはそのままご利用いただけます。)
なお、医療機関や保険証の変更等については従来通り申請が必要になりますのでご注意ください。

添付資料

児童福祉法施行規則等の一部を改正する省令の交付及び施行について【PDF形式:269KB】
自立支援医療(精神通院医療)の受給者証の有効期間を自動で1年間延長(長野県作成チラシ)【PDF形式:542KB】
 
(最終更新日:2020-05-13)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 福祉課
TEL:026-248-9003
FAX:026-248-7208
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1