ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

【新型コロナウイルス感染症】精神障害者保健福祉手帳の更新手続きの臨時的な取扱いについて

精神障害者保健福祉手帳の更新時には、医師の診断書または年金証書等の写しを添えて提出するものと定められているところですが、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、治療の観点から急を要さない診断書の取得等のみを目的とした受診を回避する必要があるため、更新手続きの臨時的な取扱いが下記のとおり定められました。
なお、申請については従来通り必要になりますのでご注意ください。
 

更新手続きの臨時的な取扱い

令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に手帳の有効期限を迎える方の内、診断書を提出する方についてはその提出を猶予し、申請書の提出をもって有効期限を更新することができる。
ただし、現在の有効期限から1年以内に診断書を提出するものとする。
 
  • 後日診断書が提出された際に等級変更の必要が生じた際は診断書の提出日から適用される。
  • 年金証書による申請は従来通りとする。

添付資料

児童福祉法施行規則等の一部を改正する省令の交付及び施行について【PDF形式:269KB】
 
(最終更新日:2020-05-07)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 福祉課
TEL:026-248-9003
FAX:026-248-7208
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1