ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

消毒用アルコールの安全な取扱いについて

手指の消毒等のため、消毒用アルコールを使用する機会が増えています。
アルコールは危険物です。安全に取り扱い、火災予防にご協力ください。

消毒用アルコールの物性

  • 火気に近づけると引火しやすい。
  • アルコールから発生する可燃性蒸気は、空気より重く、低いところにたまりやすい。

火災予防上の一般的な注意事項

アルコール使用上の注意画像
  • 火気の近くで使用しない。
  • 容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれ又は飛散しないよう注意する
  • 容器に「消毒用アルコール」や「火気厳禁」などの注意事項を記載する
  • 容器を設置・保管する場所は、直射日光が当たる場所や高温となる場所は避ける
  • 容器を落下させたり、衝撃を与えることのないように気をつける。
  • 室内の消毒や消毒用アルコールの容器詰替えなどにより、アルコールの可燃性蒸気が滞留するおそれがある場合には、通気性の良い場所や換気が行われている場所で行う
  • また、密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧は行わない

ダウンロード

消毒用アルコールの安全な取扱いについて リーフレット【PDF形式:648KB】
(最終更新日:2020-04-15)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

消防本部
TEL:026-245-0119
FAX:026-248-4460
所在地:長野県須坂市大字小山1306番地