ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

臥竜公園「官民連携リノベーションによる活性化事業」映画上映と講演会のお知らせ

須坂市では2019年度、臥竜公園エリア(竜ケ池、臥竜山、動物園、スポーツエリア、百々川緑地)の各施設を、民間の独創的なアイデアやノウハウを活用して活性化できないか検討・調査を行っています。
 

12月 第1回講演会「公民連携で行うまちのリノベーション」を行いました

1月の活性化事業のお知らせ

1月26日(日)映画「いのちスケッチ」上演会(無料)
1月30日(木)「いのちスケッチ」の舞台となった、福岡県大牟田市動物園の園長さんの講演

1月26日(日)映画「いのちスケッチ」上映会

世界も注目する、小さな町の小さな動物園を舞台にした感動の物語

「いのちのスケッチ」チラシ
チラシダウンロード【PDF形式:2,797KB】

日時:2020 年 1月26 日(日) 午前10時 ~正午( 開場:午前9時30分)
場所:須坂市文化会館メセナホール 小ホール
定員:300名
入場:無料
※会場の都合上、定員になり次第、締め切らせていただく場合があります。
動物に関する仮装をしたり、アニマルグッズを身に着けてきた映画鑑賞者には須坂市動物園オリジナルグッズをプレゼント!

主催:須坂市(臥竜公園管理事務所:026-245-1770)
共催:株式会社オリエンタルコンサルタンツ(027-225-2000)

1月30日(木)第2回講演会「これからの動物園」

映画「いのちスケッチ」の舞台となった、大牟田市動物園の園長さんの講演です

講演会チラシチラシダウンロード【PDF形式:2,797KB】

日時:2020年1月30日(木)
時間:午後6時~午後8時(開場:午後5時30分)
会場:須坂市文化会館メセナホール 小ホール(長野県須坂市墨坂南四丁目5-1)
講師:椎原 春一 氏(大牟田市動物園 園長)
講演「これからの動物園」
対象:どなたでも入場可能
定員:300名
※会場の都合上、定員になり次第、締め切らせていただく場合があります。

内容:映画「いのちスケッチ」のモデルとなった、福岡県大牟田市動物園の園長である椎原春一さんをお招きし、動物福祉に配慮した交流できる動物園の取組みや日本一の動物福祉を目指す動物園の考え方などについてご講演していただきます。
みなさま、お気軽にお越しください。 

講師紹介

椎原 春一(しいはら しゅんいち)さん
大牟田市動物園 園長(西日本メンテナンス株式会社)
「炭鉱のまち」として栄えた大牟田市は、炭鉱閉山後、人口減少に悩まされている。
大牟田市動物園の閉園も検討されたが、地元企業を指定管理者として再建をめざすこととなった。
2006年、指定管理者制度開始と同時に勤務し、『動物福祉を伝える動物園』をコンセプトと定め、動物福祉に配慮した職員の取り組みを発信することで、「福祉」というキーワードで多様な個が交流できる動物園をめざしている。
 
(最終更新日:2020-01-08)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

まちづくり推進部 まちづくり課 臥竜公園管理事務所
TEL:026-245-1770
FAX:026-248-1793
所在地:須坂市臥竜2-4-8