ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

被災者の精神障害者保健福祉手帳及び自立支援医療(精神通院)受給者証の有効期間延長について

台風19号による特定被災区域内に居住する方の精神障害者保健福祉手帳(以下「手帳」という。)及び自立支援医療(精神通院)受給者証(以下「受給者証」という。)の有効期間の延長について、下記のとおりの取扱いとなります。

延長の対象となる方

特定被災区域(長野県内では須坂市を含む43市町村)に居住地を有する手帳・受給者証の所持者かつ、災害発生の日から令和2年3月30日までに有効期間を満了する方で、下記のいずれかに該当する方。
(1)手帳または受給者証の更新を行えず、有効期限が切れたことが期間満了後に判明した方
(2)有効期間満了前に、更新申請が困難である旨を申し出た方
(3)市町村が、更新申請を行うことが困難であり、特に有効期間の延長が必要と認める方

延長の方法

申請書の提出は必要ありません。
福祉課窓口(8番)で受給者証を添えて申し出られた方には、期間を延長する旨を追記修正します。

延長期限

令和2年3月31日まで
修正ができない場合であっても、期間を延長するものと取扱うことができますので、医療機関等の窓口でお申し出ください。
 
(最終更新日:2019-11-08)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 福祉課
TEL:026-248-9003
FAX:026-248-7208
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1