ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

台風第19号で被災した方に対する自立支援医療(精神通院)における自己負担上限額の減免

下記の方を対象に、自己負担上限額の減免を申し立てることができます。

対象者

(1)受診者またはその属する世帯の生計を主として維持する者の住居(貸家、空家等を除く)が、台風第19号により全半壊、一部損壊、床上浸水をする被災をした場合。
(2)受診者の属する世帯の生計を主として維持する者が、台風第19号により死亡した、行方不明となった、又は心身に重篤な傷病を負ったことによりその者の収入が著しく減収した場合。
(3)受診者の属する世帯の生計を主として維持する者の収入が、台風第19号による事業の休廃止、事業における著しい損失、又は失業により著しく減少した場合。

※(2)、(3)における収入の著しい減少とは、生活保護基準における最低生活費と同じ又はそれ以下の水準になることを目安とする。

申請方法

申立書に必要事項を記入のうえ、須坂市役所福祉課(本庁舎1階8番窓口)へお越しください。

持ち物

  • 受給者証
  • 申立書
  • はんこ
  • 罹災証明書等被害がわかるものの写し

備考

  • 減免対象者は、所得区分を生活保護区分相当として扱い、自己負担上限額を0として扱います。
  • 減免期間は、申し立てのあった日の翌月から、令和2年3月31日までとします。ただし、新規申請の方は有効期間の開始日から適用になります。
  • 加入する健康保険組合により、すでに医療費の窓口支払いを免除されている方は対象になりません。

ダウンロード

災害等の特別な事情による負担上限月額の減免に係る申立書

問い合わせ

須坂市福祉課(本庁舎1階8番窓口)
電話番号:026-248-9003
 
(最終更新日:2019-10-31)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 福祉課
TEL:026-248-9003
FAX:026-248-7208
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1