ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

今後もリンゴ黒星病のまん延防止に努めましょう!

 昨年6月に県内において、特効薬であるDMI剤に耐性を示すリンゴ黒星病が確認されました。
この耐性菌がまん延すると、りんご生産に甚大な被害を及ぼす恐れがあります。

黒星病とは

リンゴ黒星病はりんごの葉や果実にすす状の病斑を生じ、落葉、落果、裂果を引き起こします。感染が拡大すると、品質低下や収量の減少につながります。

防除を徹底しましょう

  今年はリンゴ黒星病が少発生で経過しましたが、一部ほ場では、DMI剤耐性菌の発生が確認されています。この耐性菌がまん延すると、りんご生産に甚大な被害を及ぼす恐れがありますので、引き続き、防除を徹底しましょう。

1 DMI剤耐性リンゴ黒星病の発生が確認されている県から苗木・穂木等を購入する場合は、黒星病などに感染していない健全な苗木であることを苗木業者に確認するなど慎重な対応をとってください。
2 地域で示される防除暦をよく確認の上、来年の防除に向けて準備を行ってください。
3 落葉した発病葉は翌年の発生源となるため、集めて埋設する等、適切な処理をしてください。
4 防除の際に薬液がかかりやすい樹形になるように心がけて剪定をしてください。
5 その他ご不明な点がある場合には、速やかにお近くの農業改良普及センター又はJAまでご連絡ください。

 問い合わせ先
長野農業改良普及センター 技術係
電話番号:026-234-9536
ながの農業協同組合 須高営農センター
電話番号:026-245-0153

詳細は、下記のリンク先ご覧ください
長野県HP(外部サイト)
https://www.pref.nagano.lg.jp/nogi/ringo-kurohoshi.html
 
(最終更新日:2019-10-09)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

産業振興部 農林課
TEL:026-248-9004
FAX:026-246-5667
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1