ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

旧小田切家住宅が県宝に指定されました


 「旧小田切家住宅」の県宝化について、平成30年9月27日付長野県教育委員会告示第6号で県報に告示され、県宝指定となりました。
地域住民や市民の誇りとなり、観光・文化面等への大きな波及効果が期待されます。

旧小田切家住宅
名称 旧小田切家住宅(きゅうおたぎりけじゅうたく)
概要
 旧小田切家住宅は、幕末まで須坂藩の御用達を勤めていた家で、江戸期の建物は、明治3年の須坂騒動によりそのほとんどを打ち壊ししたと考えられており、現地に見る一連の建物群の姿は、明治時代に小田切辰之助が再建したものである。
 小田切辰之助は有数の製糸家であり、蚕種の品質を管理する蚕種大総代に任命された(明治6年)他、日本で最初の製糸結社である東行社の創立に加わり(明治8年)、明治17年には俊明社を創立した。また、銀行の設立や水道の敷設に協力するなど、須坂の発展に大きく貢献した。
住宅に隣接する交差点は、江戸時代から続く須坂の中心地かつ交通の要所であり、交差した2本の街道沿いには、明治時代から大正時代にかけて建てられた土蔵造の町家が多く残されている。
小田切家は、その内の一つであるが、昭和30年代までは敷地が現在の西側にも広がっていた。現在の敷地には、主屋、長屋門、店、土蔵等が一体として残っており、製糸業が盛んだった当時を偲ぶ代表的な建物である。
経緯
・平成25年12月12日須坂市指定有形文化財に指定。
・平成28年7月15日文化施設「小田切家住宅」オープン。
・平成30年9月27日付教育委員会告示第6号により、県宝となる。

関連リンク

信州須坂のおたから 旧小田切家(西糀屋)
https://www.city.suzaka.nagano.jp/otakara/search/item.php?id=182
 
(最終更新日:2018-10-01)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1