ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

この情報は期限を過ぎています。

救急搬送遅延について

 救急出動時において、救急隊が要請場所付近目印の建物を誤認し、名称の類似した近接場所に行ってしまい、救急隊と傷病者の接触が約10分遅延しました。

1 指令日時
  平成30年4月5日(木)午前8時09分 
 
2 実際の要請場所と誤って出動した場所との直線距離
  約280m
 
3 通報内容
  90歳代の男性が倒れている。呼吸はあるが呼びかけに応答がない。
 
4 現場到着に至る経過
  出動指示書で要請場所を確認したが、救急隊の思い込みにより誤った場所に向かいました。
  到着後、通報者がいないため、救急隊長が救急車内の地図を再度確認して、誤りに気づき、

 正しい要請場所に行き傷病者と接触しました。
  この結果、傷病者と救急隊との接触が、約10分遅延しました。
 
5 原因    
  出動場所の確認不足
 
6 傷病者の接触時の状況
  90歳代 男性 意識なし、呼吸あり
 
7 傷病者のご家族への謝罪
  消防署長は、4月5日午後2時ころご家族に、搬送遅延の経過を説明のうえ、謝罪を行いました。
 
8 搬送先医療機関の見解
  患者は、搬送当日(4月5日)の夜9時ころにお亡くなりになりました。
  患者のそれまでの治療経過、通報当日の状態から、救急搬送10分の遅延が予後に影響を与えたとは

 思われないと判断します。
 
9 消防署長のコメント
  お亡くなりになられた傷病者に御冥福をお祈り申し上げます。併せてご親族様に心から哀悼の意を

 表します。
  今回の事案につきましては、要請場所の誤認により現場到着が遅れたことをお詫び申し上げます。

 原因は、初歩的な確認不足であり、防ぐことのできた事案であります。
  搬送遅延はあってはならないことであり今後の対策として、指示(指令)内容を通信指令員と救急隊、

 また隊員同士で確認する際は、必ず復唱することを徹底し再発防止に努めてまいります。
 

(最終更新日:2018-04-10)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

消防本部
TEL:026-245-0119
FAX:026-248-4460
所在地:長野県須坂市大字小山1306番地