ページの先頭です。 ▼メニューを飛ばして本文へ

▼ページ本文はここから

この情報は期限を過ぎています。

『小林創映画コレクション』 「日本文学と映画 特集」展示替えしました。

実施日等2018年01月10日~2018年04月15日


 須坂市旧上高井郡役所にて常設展示中の 『小林創映画コレクション』。
今回は下記のテーマで展示替えしました。
 


 ◆日本文学と映画 特集


展示期間:平成30年 1月 10日(水) ~ 4月15日(日) 

 今回は、小林創コレクションの中から、文学作品から映画化された作品をテーマに展示いたします。「聖職の碑」については、シナリオの展示もございます。

◇展示作品
 源氏物語、雨月物語、竹取物語、敦煌、たけくらべ、伊豆の踊子、野菊のごとき君なりき、二十四の瞳、あゝ野麦峠、ビルマの竪琴、八甲田山、火垂るの墓、黒い雨、鉄道員、走れメロス、海と毒薬 など 23作品

 展示数: 35
  ポスター:13点   パンフレット:7点
  チラシ    : 5 点    
  プレスシート:8点   キネマ旬報:1点  シナリオ:1点


展示場所のご案内

須坂市旧上高井郡役所 1階 午前9時~午後10時 (休館日 12/29~1/3)
https://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/item.php?id=5955d8eb83275


小林創映画コレクションとは

 故小林創(こばやしはじめ)さんは、昭和8年、版画家小林朝治氏の長男として須坂市本上町に生まれ、自宅が映画館の隣であったこともあり、幼い頃より映画に関心を持ち、高校卒業後は、松本市や長野市の映画館で映写技師として勤めてこられました。
 この映写技師の時代から映画ポスターを集めてこられ、ポスターのほか、映画パンフレット、スチール写真、チラシなど多くの映画関係の書籍や資料をコレクションされてきました。
 平成17年4月小林創さんはご逝去され、妻の雅子さんよりこれら映画関係資料について、多くの皆さんに見てもらえる場所に保管してほしいということで、平成18年11月須坂市にご寄贈いただきました。須坂市旧上高井郡役所館内では、テーマを設け常設展示をしています。

 

(最終更新日:2018-01-10)

一つ前へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

社会共創部 生涯学習スポーツ課
TEL:026-248-9027
FAX:026-248-8825
所在地:長野県須坂市大字須坂1528番地の1