いきいきすざか
須坂市オフィシャルWEBサイト いきいきすざか www.city.suzaka.nagano.jp


この情報は期限を過ぎています。


須坂藩第13代藩主 堀直虎没後150年記念・須坂市立博物館特集展「花は盛りに」
実施日等● 2017年03月03日~2017年05月14日

堀直虎没後150年記念・須坂市立博物館特集展『花は盛りに』

~堀直虎桜図譜「叒譜(じゃくふ)」と須坂藩主ゆかりの雛道具~


恒例となりました、“信州須坂「わくわく」おひなめぐり”と“臥竜公園さくらまつり”に合わせた特集展を開催します。
本年(平成29年)は須坂藩第13代藩主 堀直虎没後150年の年。若き藩主 堀直虎がのこした桜図譜『叒譜』、須坂藩堀家に伝えられた江戸時代の雛人形・雛道具など、藩主ゆかりの品々をご紹介します。あわせて、市内各所で見事な花を咲かせる天然記念物の桜の写真など、暖かな春の訪れを感じられる展示品の数々をこの機会にぜひご覧ください。

★会期 平成29年3月3日(金)~5月14日(日)

★場所 須坂市立博物館

長野県須坂市臥竜二丁目4番1号(臥竜公園内)
TEL 026-245-0407
FAX 026-214-5548

★入館料 高校生以上200円(160円)/小・中学生 無料
    ※( )内は20名様以上の団体料金です。

★特典 
堀直虎没後150年祭 記念公演 「Straight Tiger 直虎」のチケット(一般)を購入された方は、博物館入館の際に窓口で提示していただくと入館料が2割引(高校生以上 160円)となります。
※割引となるのは、特集展「花は盛りに」の会期中(平成29年3月3日~5月14日)で、チケット1枚につき一人1回に限ります。

★開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

★休館日 3月6日(月)・13日(月)・20日(月祝)・21日(火)、27日(月)・5月1日(月)・8日(月)

★駐車場 無料
※ただし、“「臥竜公園さくらまつり」期間中は有料

【関連イベント】
★展示解説(ギャラリートーク)
   日時 3/26(日)、4/30(日) 各回とも午前11時より
   場所 須坂市立博物館(特別展示室) ※入館料必要
   内容 江戸時代に描かれた桜図譜『叒譜』。実物を特別に公開する      とともに、学芸員による展示品の解説を行います。

★紙芝居口演
『叒譜』をのこした若き藩主のドラマ「須坂のとのさま物語 堀直虎」
   日時 4/16(日) 午後0時45分頃より
   場所 臥竜公園親水広場 ※雨天時は博物館内(入館無料)
   内容 『叒譜』の序文を書いた須坂藩第13代藩主 堀直虎の生涯を
       感動的な紙芝居で学べます。
   口演 蔵の町すざか昔を語る会
※都合により、開催日が4/9 ⇒ 4/16 に変更になりました

★春をうたう邦楽コンサート
日時・場所
 3/19(日)午後1時30分より 
須坂市立博物館第2展示室 ※入館料必要
 
 4/16(日)午前11時30分より
臥竜公園親水広場 ※雨天時は博物館内(入館無料)

内容 尺八・箏の邦楽コンサート
演奏 南澤汎山さん、南澤雅尚さん ほか

※都合により、開催日が4/9 ⇒ 4/16 に変更になりました




★須坂市指定有形文化財『叒譜(じゃくふ)』
『叒譜』は江戸時代後期、文久元年(1861)に編さんされた桜の図譜です。全79枚の和綴じ本に250余りの桜が描かれており、須坂藩第13代藩主・堀直虎によって完成されました。「叒」は「神の木」の意味で、直虎の「桜=神の木」といった想いが託されています。
この図譜は確認されているものが3冊あり、須坂市立博物館所蔵のものが原本で、他の2冊(写本)は国立国会図書館に収蔵されています。
岩絵具で彩色された桜花図は今も往時のままの色彩を残し、細密画としても芸術性の高い貴重な文化財です。

★広正寺のエドヒガン(須坂市指定天然記念物)
須坂市内には市指定天然記念物に指定されている11件の桜をはじめとして、見事な花を爛漫と咲かせる桜が数多くあります。市内各所の美しい桜の数々を、一瞬の美しさを絶妙に切り取った極上の写真でご紹介します。

会場● 須坂市立博物館
お問合せ先● 市民共創部 生涯学習スポーツ課 博物館 026-245-0407
E-MAIL● ( s-hakubutsukan@city.suzaka.nagano.jp )

一つ前へ戻る

須坂市イベント TOPへ


ご意見、ご感想がありましたら、下記にご記入の上『確認』ボタンをクリックして下さい。

内容に応じこのページに反映します。

※悪質な悪戯投稿、不正防止の為IPアドレスを記録する場合がございます。

ご意見、ご感想
お名前
メールアドレス