いきいきすざか
須坂市オフィシャルWEBサイト いきいきすざか www.city.suzaka.nagano.jp

最新情報の検索はこちらをクリック

上の画像をクリックすると最新情報を検索できます。



この情報は期限を過ぎています。


「猿の根付展」~日本のものづくりにも通じる精緻な技と粋の凝縮~
実施日等● 2016年01月05日~2016年02月28日

須坂市立博物館では、2016年の干支「申」にちなみ、猿に関連した根付を期間限定で展示しています。
根付とは、印籠や巾着といった提物の紐の先端につけ、着物の帯にとめる器具です。根付には動物や植物、人物などの幅広い題材が用いられ、身に着ける人はそこに自らの思いや祈りを託しました。
また、展示中の根付「袋を背負う猿」は、インターネットミュージアムが主催する「ミュージアム干支コレクションアワード2016猿」に42番でエントリーし、全国の美術館・博物館がエントリーした60作品中、第1位(グランプリ)となりました。ありがとうございました。(詳細は、「さらに詳しいページ」をご覧ください)
日本の「ものづくり」にも通じる精緻な技と粋が凝縮した根付をどうぞご覧ください。
                  

1.名  称  『猿の根付展』

2.期  間  平成28年2月28日(日)まで

3.開館時間  午前9時から午後5時 (ただし入場は午後4時30分まで)     

4.休 館 日  月曜日、祝日(ただし、4月から10月は祝日の翌日)

5.入 館 料  高校生以上100円(80円) 中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金

6.展 示 品  猿に関連した根付 3点
①「袋を背負う猿」
肩に袋を背負って、小首をかしげた様子の木製の根付です。持ち主が自分の干支の動物を題材に選ぶこともあったようです。「ふ」がつくものは、「福」を連想させ、縁起がいいとされており、幸福を願ってこのようなモチーフを職人に依頼したのかもしれません。

②「猿をつかむ鷲」
鷲が鋭い爪で猿をつかまえている場面ですが、鷲は天からの使いで猿は人間を表していると言われており、天が人々を救ってくれるというありがたい意味合いの根付です。象牙でつくられています。

③「猿を襲うおばけ蛸」
おおきな蛸の足が猿の首に巻きついている根付です。九州地方の昔話「猿の恩返し」の一場面と思われます。材質は象牙です。 

会場● 須坂市立博物館
さらに詳しいページ● http://www.city.suzaka.nagano.jp/contents/event/event.php?p=b&id=11195&joho=oshi
お問合せ先● 市民共創部 生涯学習スポーツ課 博物館 026-245-0407
E-MAIL● ( s-hakubutsukan@city.suzaka.nagano.jp )

一つ前へ戻る

須坂市最新情報 TOPへ


ご意見、ご感想がありましたら、下記にご記入の上『確認』ボタンをクリックしてください。

内容に応じこのページに反映します。

※悪質な悪戯投稿、不正防止の為IPアドレスを記録する場合がございます。

ご意見、ご感想
お名前
メールアドレス